環境モデル都市(地球温暖化対策)

環境モデル都市とは

 「環境モデル都市」とは、今後我が国が目指すべき低炭素社会の姿を具体的にわかりやすく示すために、低炭素社会の実現に向け高い目標を掲げて先駆的な取組にチャレンジしている都市を「環境モデル都市」として政府が選定しているものです。
 最初に平成20年に13都市が選定され、東日本大震災後は、エネルギー問題がクローズアップされる中、低炭素都市づくりの取組を全国に一層普及させるため平成24年度に7都市、平成25年度に3都市(ニセコ町含む)が選定されています。
 選定された都市では、地域資源を最大限に活用し、分野横断的かつ主体間の垣根を越えた取組により、低炭素化と持続的発展を両立する地域モデルの実現を目指しています。

第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプランを策定しました

 第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプランを策定しました。本計画は温室効果ガスの削減に取り組むだけではなく、地域課題を解決し、より良い町民の暮らしを形作ることを目的とします。よって、温室効果ガス排出抑制の目標の上位に「住民一人当たりの経済活動の活性化と温室効果ガス排出量抑制の両立」という住民生活や地域経済、持続可能性を抱合する総合的な「基本目標」を設定しております。
 本計画を推進することによって「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させる持続可能な開発(Sustainable Development)」の基礎を構築し、真に“環境モデル都市”としてふさわしい自治体を目指していきます。

第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン策定過程

公募型プロポーザルで委託事業者を選定しました。
2018年7月の町民ワークショップ、アンケート、9月の住民説明会、過去の取り組み状況を分析した上でとりまとめた策定方針に係る2018年10月現在の調査報告書です。今後さらに皆様からの意見をいただきながら最終報告書として取りまとめていきます。

第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン(素案)の縦覧について

第1次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン(平成26~30年度)の計画年次終了に伴い、温室効果ガスの削減に取り組むだけでなく、地域課題を解決し、よりより町民の暮らしを形作るため、来年度からの5年間の「第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン(素案)」を策定するにあたり、意見を募集します。
 
【策定する計画】 第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン
【縦覧の期間】 平成31年2月12日(火)から平成31年2月25日(月)17時まで
【縦覧場所】 ニセコ町役場企画環境課
【意見の受付期間】 平成31年2月12日(火)から平成31年2月25日(月)17時まで
【意見の送付先】 ニセコ町役場企画環境課   メール :kankyo-e@town.niseko.lg.jp
【提出された意見項目の公表】 平成31年3月1日(金) ニセコ町役場企画環境課

意見聴取の結果

平成31年2月12日(火)から平成31年2月25日(月)で実施した「第2次ニセコ町環境モデル都市アクションプラン(案)」についての意見聴取の結果を公表いたします。

追加解説資料

意見聴取で要望があった用語解説を含む追加解説資料を公開します。

環境モデル都市の取組【第1次アクションプラン】

環境モデル都市選定までの経緯

このページの情報に関するお問い合わせ先

企画環境課環境モデル都市推進係
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500