ニセコルール

1. 立ち入り禁止区域にいかなる理由があっても入ってはならない
【春の滝、湯の沢は完全立入禁止区域です】
2. ロープをくぐってはならない。スキー場外へはゲートから出ること
【各スキー場に合計11ヵ所のゲートを設置しています】
3. スキー場外の安全管理は行われていない
【スキー場外はスキー場による安全管理は行われていません。スキー場外の滑走は各自の責任で行ってください】
4. ゲートが閉じられているときはスキー場外へ出てはならない
【高い危険が予想されるときはゲートを閉鎖します】
5. ニセコ雪崩情報はニセコルールの公式情報である
【インターネット、リフト乗り場、各ゲートなどに掲示します】
6. スキー場外での捜索救助には費用が請求される
【スキー場パトロールが捜索救助を行うときの実費は10万円(最低額)以上になります】
7. スキー場パトロールの指示に従うこと
【スキー場内外を問わず、すべての利用者はスキー場パトロールの指示に従ってください】
8. 小学生のみのスキー場外滑走を禁止する。ただし少年団活動など指導者及び保護者同伴時を除く
【同伴者は子供たちだけでなく、周囲に対しての用心を怠らないでください】
9. スキー場と地域は利用者の自由を尊重し、その安全に重大な関心を持つ
【だれもがニセコを楽しみ、事故にあわないことが私たちの願いです】
 2018年1月号広報誌(5ページより)で、ニセコ雪崩調査所の新谷暁生氏に「ニセコルールと雪崩問題の整理」として寄稿頂き、特集を組んでおります。これをご一読頂ければ、「なぜニセコルールが作られたのか?」「なぜルールが必要なのか?」がよくご理解できるように説明がされております。

お問合せ

ニセコアンヌプリ地区なだれ事故防止対策協議会
事務局:ニセコ町役場商工観光課 0136-44-2121

スキー情報に関するリンク

このページの情報に関するお問い合わせ先

商工観光課
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500