建築設計条件

接道義務について

 準都市計画区域に建築物を建てる場合には、接道義務が発生します。これにより、計画敷地が『建築基準法の道路』に接していなければ建物を建てることができません。なお、準都市計画区域以外であれば計画敷地が接道していなくても建築物を建てることは出来ますが、道路から当該敷地間にある全ての土地の所有者から、通行等の承諾を得ていただく事があります。

積載荷重、積雪量

積雪荷重30N/平米(積雪量1cmにつき)
垂直積雪量230cm

凍結深度

凍結深度60cm

風圧力

基準風速(V0)34m/s

地表面祖度区分

地表面祖度区分Zb(m)ZG(m)α
(2)53500.15
(3)54500.20
建築物の高さH  H≦13m → (3) 、 H>13m → (2)

地震地域係数

係数(Z)0.9

雪対策等について

 ニセコ町は、年間降雪量が多いときで10mを超え、最深積雪は2mに達することもある豪雪地域です。また、最低気温も氷点下20℃を下回ることがあります。しかしこの気候や雪は、国際スキーリゾートとしての良質なパウダースノーの源でもあり、ニセコの産業を支えている大切な資源でもあります。建物を建築されるうえでは、屋根形状や堆雪スペースなど、雪と上手につきあう計画を立てるとともに、近隣との落雪及び除排雪のトラブル回避への配慮をお願いいたします。

このページの情報に関するお問い合わせ先

建設課建築係
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500