梅 冠男(メイ カンナン)中国

  国際交流員 梅 冠男(メイ カンナン)

勤務先
ニセコ町役場商工観光課

活動
翻訳・通訳・言語サポート・観光案内・イベント企画・学校訪問
/読み聞かせ

言語
中国語・日本語

出身
中国 河北省

略歴

学歴:
鳥取大学大学院卒業 地域経済研究科
 
職務経験:
中国語教室講師 1年半
株式会社共立メンテナンス 総合職

担当したイベント

・ワールドカフェ ~中華料理担当~ (平成30年6月~9月)
・中国語教室 (平成30年7月~)
・ワールド祭り ~中国担当~ (平成30年7月)

自己紹介

 大家好! (みなさん、こんにちは。)
 中国出身の国際交流員の梅 冠男(メイ カンナン)と申します。北海道に住むのは初めてですが、日本に住むのは今年で4年目です。

 母が日本のドラマやファッションなどが好きなので、子供の頃から日本に憧れていました。これが、最初に大学で日本語を習い始めたきっかけです。大学3年生の時、交換留学生として鳥取大学に約1年間留学していました。日本の文化、経済、社会事情などを勉強して、 特に日本の地域社会の創生について興味を持ちました。そのため、大学を卒業して、鳥取大学大学院地域学研究科に進学しました。去年、大学院を卒業して京都で1年間働いていました。

 学生時代に、地域の国際交流活動に積極的に参加し、非常にやりがいを感じました。そこで、将来、国際交流の仕事に携わりたいなぁと考え、JETプログラムに参加しました。

 私の趣味は絵を描くことです。ニセコの自然風景に一目惚れしたので、これからニセコらしい風景をいろいろ描きたいなぁと思っています。また、料理やスイーツを作ることも大好きです。ぜひ皆さんと一緒に作る機会があったらいいなぁと思っています。それから、せっかくニセコに来たので、スキーやスノーボードをやってみたいと考えています。

  ニセコ町はとても国際化していて、活性化している町で、ここで勤務することができて、大変光栄です。微力ですが、町の皆様方のご期待に背かないよう、精一杯頑張っていきたいと思います。中国に興味を持っている方や、中国語を勉強したい方、それからニセコに移住してきた中国の方々、是非ご遠慮なく、声をかけてください。
 

出身紹介

河北省は、中国の北の地域です。首都である北京と、有名な港都市である天津の真ん中辺りに位置しています。四季がはっきりしていて、夏は非常に暑いですし、冬も結構寒いです。冬にはマイナス10度になりますが、ニセコのように雪がたくさん降るところではありません。河北省は古い歴史がある所で、料理がとてもおいしいです。有名なのは、ロバ肉ハンバーグと牛肉罩饼(ニューロジョービン)という地域限定の料理です。機会があれば、是非河北省へ行って食べてみてください。

写真

このページの情報に関するお問い合わせ先

ニセコ町役場
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500