ニセコ町鉄道文化協会

ニセコ町鉄道文化協会は会員を募集しています

イメージ

詳細は下記リンク先でご確認ください

何をするの?
蒸気機関車「9643」号機や旧新得機関区転車台など維持サポート
蒸気機関車「9643」号機を活用したイベント
簡易軌道真狩線北海道遺産の歴史掘り起こし活動など

会費
 無料

入会申し込み・問い合わせ先
 ニセコ町鉄道文化協会

事務局
 有島記念館内
   〒048-1531ニセコ町字有島57番地
   電話[0136-44-3245]
   Eメール[arishima@town.niseko.lg.jp]

「ニセコエクスプレス」の里帰りプロジェクト

イメージ

ニセコを走るキハ183-5001号

1998年にニセコエリアへのスキー客輸送のために登場した「ニセコエクスプレス」。
そのスマートでスピーディーな外観は当時脚光を浴びました。
冬季にはニセコエリアと新千歳空港を、それ以外の時期には全道各地で活躍してきた同車でしたが、2017年に老朽化のため廃車となりました。
ニセコ町の観光振興に貢献した車両として、また様々な新機軸を盛り込み北海道の鉄道史にも名前を残している車両として、深いゆかりのあるニセコ町で保存したいとプロジェクトを発足させました。

クラウドファンディングとは

里帰りに要する費用はクラウドファンディングを活用して募ります。

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。途上国支援や商品開発、自伝本の制作など幅広いプロジェクトが実施されています。

詳細は下記リンク先でご確認ください

「ニセコエクスプレス」の里帰りプロジェクト(お礼)
目標を達成いたしました

2019年05月27日

本プロジェクトは、494人のご支援者さまに支えられて、ニセコ町ゆかりの「ニセコエクスプレス」を1両里帰りさせることができるようになりました。

直接のご支援を賜った方々をはじめ、情報を拡散してくださった方々、また解体の予定を大幅に引き延ばしてくださったJR北海道のみなさまにも厚く御礼を申し上げます。

これから、町内への移設・保存にむけて関係各所との調整をさせて動き出します。また、みなさま方への返礼品の用意などもさせていただきます。それらの活動について、動きが見え次第、こちらの記事で随時紹介をさせていただきます。

まずは取り急ぎではございますが、厚く御礼を申し上げます。

ニセコ町鉄道文化協会 会長 林 知己

このページの情報に関するお問い合わせ先

ニセコ町教育委員会 町民学習課
TEL:0136-44-2034
FAX:0136-44-1666