有島記念館 オリジナルグッズ

グッズの通信販売について

通信販売につきましては、以下のリンク先にてご確認ください

フジクラ・オンデマンド・サービス

【特別展記念】

『冬の藤倉展 Part3』展示作品から自由に選んだ作品で
自分だけの「世界にひとつの葉書セット」を作成できます

詳細は以下のリンク先にてご確認ください

藤倉英幸カレンダー『風の色彩 季節の詩』2021

イラストレーター・藤倉英幸デザインによる有島記念館オリジナル2021年カレンダー
『風の色彩 季節の詩』が完成いたしました。

本年は、『風とタンポポ』『夏雲わく』の2作品をお楽しみいただけます。
藤倉英幸カレンダー『風の色彩 季節の詩』2021

サイズ

727mm×512mm

価格

500円(税込)

有島記念館オリジナルポストカード
 『藤倉英幸ポストカード』

人気の「藤倉英幸ポストカード」新作のご案内です。
 
【夏の藤倉英幸展 Part2(2019年)】より「夕凪のサロマ」を、
 
【藤倉英幸コレクション展『あの日の旅 あの日の風景』(2020年)】より
珠玉の5種を作成いたしました。

◆2020年11月
【藤倉英幸コレクション展『あの日の旅 あの日の風景』(2020年)】より
1種「雪晴れ」を追加いたしました。
藤倉英幸ポストカード8種

見本

価格

各 100円(税込)

藤倉英幸 一筆箋

北の大地の春夏秋冬を、お気持ちとともに大切な方へ。
藤倉英幸デザインの4柄です。
藤倉英幸 一筆箋

価格

550円(税込)

書籍「『生れ出づる悩み』を読む」

漁業を継ぎながら画家への夢を全うした木田金次郎と、その魂に寄り添い、支えることを望んだ有島武郎。

二人の出会いと交流、クロス年譜、そしてすべての悩める若者への鼓吹としての作品『生れ出づる悩み』の
初出(新聞連載)版全文などを収録、有島と木田を深く掘り下げた一冊です。
「『生れ出づる悩み』を読む」

価格

2,037円(税込)

有島記念館オリジナルポストカード
 『おばけのマールとニセコ』

おばけのマールとニセコ
おばけのマールが有島記念館に来てくれました!
 
 札幌市西部にある緑豊かな「円山」。そこは札幌在住時に有島武郎が「ああ、円山よ!僕の好きなところ!」と日記[1903(明治36)年6月5日]に記すくらい大好きなところでした。
 
 そんな円山に住むおばけを主人公にした絵本が「おばけのマール」シリーズ[中西出版](え・なかい れい ぶん・けーたろう)です。同シリーズの「おばけのマールとおかしなとけいだい」には、有島武郎がモデルになっている説が一部である?「おばけのオクロック」が登場します。
 
 そのような2つのゆかり?から、おばけのマールとオクロックが有島記念館にやってきてくれました。ポストカードを虫メガネで見ると、武郎やその作品、有島農場ゆかりのものが多くちりばめられています。
 
 探してみてください!

価格

100円(税込)

書籍「有島武郎 ニセコ三部作」

有島武郎の作品からニセコゆかりのものを選び、編集・制作したオリジナル書籍です。
 
収録作品は以下の3作品です。
(1)開拓期のニセコが部隊である「カインの末裔」
(2)有島武郎とその父親がモデルである「親子」
(3)有島農場で執筆された随筆「秋」
有島武郎 ニセコ三部作

価格

880円(税込)

藤倉英幸カレンダー『風の色彩 季節の詩 2020』

イラストレーター・藤倉英幸デザインによる、有島記念館オリジナル2020年カレンダー
『風の色彩 季節の詩』が完成いたしました。

本年は、ニセコの風景がやさしい季節感で描かれた、『山麓の駅』『犬蓼』の2作品を
お楽しみいただけます。
藤倉英幸カレンダー2020

サイズ

727mm×512mm

価格

完売いたしました

藤倉英幸カレンダー『風の色彩 季節の詩 2019』

昨年も大好評をいただきました人気のイラストレーター・藤倉英幸さんの作品が、2019年カレンダーになりました。
  
「風の色彩 季節の詩」(かぜのいろ きせつのうた)

田植え前の水田に映る美しいニセコアンヌプリを描いた「田植え間近」(2017年)と、雪の中ひっそりと佇む駅を描いた「雪の終着駅」(2012年)の2作品をお届けします。

サイズ

727mm×512mm

価格

完売いたしました


このページの情報に関するお問い合わせ先

ニセコ町有島記念館
TEL:0136-44-3245
FAX:0136-55-8484