5者による教育連携協力協定を締結しました

まちの話題

イメージ
一般社団法人 社会創発塾、札幌新陽高校、東明館中学・高校、ニセコ町・ニセコ町教育委員会との間で、教育分野における連携協力協定を締結しました。
今後は、ニセコ町内の学校の魅力化やニセコで学ぶことによる交流促進、人材育成や関係人口の創出などに取り組んでいきます。

「一般社団法人社会創発塾」(東京都、2012年創立)
東京大学と慶應義塾大学で教授を務める鈴木寛をはじめとして、 各業界のオピニオンリーダー・インフルエンサーと共に様々なソーシャルプロデュースプロジェクトを仕掛ける実践型コミュニティ。塾生は中央省庁官僚、一部上場企業社員、大学生、高校生など400名を超える

「学校法人札幌慈恵学園 札幌新陽高校」(札幌市、1958年創立)
「本気で挑戦する人の母校」をビジョンに掲げ、PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の探究コース設置、変形労働制導入などの働き方改革、ICTを活用した授業や校務のDx(デジタルトランスフォーメーション)、労働組合による職員室のフリーアドレス化など未来の学校のあり方に挑戦し続けている

「学校法人東明館学園 東明館中学校・高等学校」(佐賀県基山町、1988年創立)
校名を対馬藩の藩校「東明館」に由来する佐賀県・福岡県で進学校として知られる中高一貫校。2019年7月より荒井優が理事長に就任し、アジアに冠たる21世紀型進学校を目指す

このページの情報に関するお問い合わせ先

ニセコ町教育委員会
TEL:0136-44-2101
FAX:0136-44-3500