北海道新幹線の整備状況

 北海道新幹線は、全国新幹線鉄道整備法で定められている「新幹線鉄道」の1つで、東北新幹線の新青森駅から札幌駅に至る延長約360kmに及ぶ路線です。

 平成28年3月26日、新青森~新函館北斗間の約148kmが開業し、さらに新函館北斗から、札幌までの約212kmについては、平成42年度末(2030年度末)開業予定に向け工事が進められています。

 なお、北海道新幹線では、青森県今別町の奥津軽いまべつ駅、北海道の木古内駅、北斗市の新函館北斗駅、新八雲(仮称)駅、長万部駅、倶知安駅、新小樽(仮称)駅、札幌駅の8駅の設置が予定されています。
イメージ

北海道新幹線の鉄道施設は、独立行法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が発注し整備を進めた後、JR北海道へ貸付することとなっており、JR北海道が営業主体となり運行することとなります。

北海道新幹線整備の状況

現在の北海道新幹線の整備状況は、下記サイトで確認できます。

鉄道・運輸機構

進捗状況

北海道

ニセコ町内の状況

 ニセコ町では、平成29年3月現在、町南側の昆布岳山麓を通過する昆布トンネル(延長=10,410m)の工事進行中のほか、ニセコトンネル(延長=2,270m)の工事準備、そのほか各種調査、用地測量、設計等が進められています。

1)昆布トンネル(桂台)他工事

工事内容トンネル工事(延長4,800m)、路盤工(延長=25m)
工期平成25年12月13日~平成34年3月12日
受託事業者 鉄建・アイサワ・福津・西江JV
状況平成26年12月よりトンネル掘削工事中
<発生土>
・桂台地区 搬入済み

2)昆布トンネル(宮田)他工事

工事内容トンネル工事(延長=5,610m)、路盤工(延長=15m)
工期平成27年2月27日~平成35年5月26日
受託事業者鹿島・五洋・宮坂・荒井JV
状況平成27年11月21日安全祈願式実施、同月着工
<発生土>
・宮田地区 搬入済み
・黒川地区 搬入中
・ニセコ地区 搬入中(H30~)

3)ニセコトンネル他工事

工事内容トンネル工事(延長=2,270m)、路盤工(延長=121m)
工期平成29年3月3日~平成33年8月2日
受託事業者飛島・大豊・齋藤・白木JV
状況平成29年12月 ニセコ町下水道管理センター裏手に事務所兼宿舎建設
平成30年7月5日  安全祈願式実施、同月着工
<発生土>
・有島地区 搬入準備中(H31~)
・福井地区 搬入中

4)羊蹄トンネル(有島工区)他工事

工事内容トンネル工事(里見真狩川付近から字羊蹄方面へ延長=4,181m)
・倶知安町高砂方面からも掘削、総延長9,750m
工期平成32年度~平成35年度予定
受託事業者未定
状況平成33年度掘削開始予定
<発生土>
・受け入れ地調査準備中(町有地限定)

トンネル発生土に関する説明会資料

関係機関リンク

北海道

JR北海道

鉄道・運輸機構

鉄道・運輸機構のニセコ鉄道建設所ができました!

平成30年10月に、鉄道・運輸機構のニセコ鉄道建設所(事務所・宿舎)ができました。
北海道新幹線に関することや、日ごろの工事のことなど、気軽にお問い合わせ下さい!

◇独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)
 北海道新幹線建設局 ニセコ鉄道建設所
 〒048-1501 ニセコ町字富士見161-1(運動公園野球場の斜め向かい)
 TEL 0136-43-2800 FAX 0136-43-2900 

このページの情報に関するお問い合わせ先

企画環境課経営企画係
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500