消火器の廃棄処分について

老朽化した消火器の破裂事故が発生しています。
  • 本体が腐食したり、変形した消火器を使用すると、破裂などの思わぬ事故を起こすことがあります。
  • 腐食や変形等のある消火器は絶対に使用しないでください。
  • 廃棄処分する際には、購入先、販売店、専門業者等に依頼するようにしてください。
注:錆びた消火器や変形のある消火器は、火災に対しても、訓練等でも絶対に使用しないでください!

消火器の処分の仕方・方法

 お手元に消火器がある方はまず、使用期限を調べてみましょう。ラベル内に記載があるはずです。消火器の耐用年数は、製造から8年以内と定められています。
使用期限用が記載されていなくても、5~8年ほど保管されている消火器や、消火器のボディーにさび・傷があるものは保管や使用を中止しましょう。
処分に関しては、販売店や消火器メーカー・お近くの消防署に相談します。住宅用の消火器やエアゾール消火器は、3~5年と耐用年数が決められています。こちらに関しては最終年月が必ず記載されていますので、必ず確認をします。こちらも処分に関しては、販売店や消火器メーカー・消防署に相談するのが近道です。自治体では基本的に消火器の収集はしていません。
本体容器腐食のあるものは強度上危険ですから廃棄処分してください。
蓋 (キャップ)キズ、変形、腐食を生じているものは、速やかに廃棄処分してください。
亜鉛合金ダイカスト製の蓋で、メッキの光沢が無くなり、シワ、スジ、表面にボツボツができたもの。
メッキがはがれ、その跡に白い結晶ができたもの。
消火器を普通のゴミのように捨てたり、放置したりしないでください。
  • 消火器は、非常に高い圧力で消火薬剤を噴出する仕組みになっています。したがって、錆びによる腐食や、キズ・変形のあるものは、その部分が圧力に耐えられず破損する危険があります。
  • ご自身がケガなどをしないよう、また他人が不用意に扱ったりすることのないように、十分にご注意ください。
  • 不要になった消火器は事故防止のために、絶対に使用せず必ずお買い求めになった販売店か専門業者にお引き渡しください。
  • 分解・廃棄の処理には、費用がかかります。
  • 詳しくは、最寄りの消火器販売店又は消防署にておたずね下さい。

このページの情報に関するお問い合わせ先

羊蹄山ろく消防組合ニセコ支署
TEL:0136-44-2354
FAX:0136-44-2866