ドクターヘリの出動状況

 ニセコ救急は平成26年の1年間で470件の出動がありました。その中でも脳疾患や心臓疾患、交通事故等による重症患者は早急に、より高度な処置を行うことができる専門医療機関へ搬送する必要があります。北海道内では道央(札幌市)、道北(旭川市)、道東(釧路市)、道南(函館市)にそれぞれドクターヘリコプターが配備されています。当町を管轄する道央地区ドクターヘリコプターは手稲渓仁会病院を基地病院としています。ドクターヘリコプターには医師(フライトドクター)、看護師(フライトナース)操縦士、整備士が乗り込み運航しています。ドクターヘリコプターには様々な医療資機材が積載されており、高度な治療が現場で受けられます。天候状態にもよりますが札幌市までは片道約20分で到着しますので早期に高度医療を受けることができます。

ドクターヘリコプター運行時間

  • 午前8時30分から午後5時、若しくは日没30分前までがヘリコプターが運行することができます。
  • 天候状態はドクターへリコプター待機場所の気象観測レーダで随時観測され、天候を把握して飛んでいます。

ニセコ町内の主なドクターヘリコプター臨時離着陸場所

 ニセコ町内には数箇所のヘリ臨時離着陸場所が決められており付近の住民の皆様にはご迷惑をおかけいたしますがご協力のほどよろしくお願いします
  1. ニセコへリポート
  2. ニセコ陸上競技場
  3. ニセコ支署前駐車場
  4. ニセコ堆肥センター
  5. 旧宮田小学校グランド
  6. ニセコアンヌプリスキー場第二駐車場
  7. 近藤小学校グランド
  8. ニセコ大橋駐車公園
  9. ニセコ町一般廃棄ゴミ最終処理場
  10. ニセコゴルフコース駐車場(福井)
  • 状況により上記の臨時離着陸場所以外でヘリコプターが離着陸可能な場所に着陸することもあります。
  • また、山間部に位置するニセコ町では天候に左右され、特に冬季間は降雪によりフライトできないことが多く、ニセコ町以外の近隣町村まで飛行が可能な場合があり、その時は救急車でヘリコプターが離発着可能な場所まで走行し、そこから傷病者をヘリコプターに引継ぐこともあります。
  • ヘリコプターの離着陸時は強い風が発生します。そのため着陸帯付近に人がいると離着陸することができません。消防職員の誘導に従って下さい。
  • ヘリコプター着陸後、直ちに医師や看護師による救命医療が行われますので 妨げとならないよう注意し、近寄らないでください。
  • ヘリコプターの離着陸時の際は風圧や騒音が発生します。吹き飛ばされやす いものは室内にしまって、窓を閉めてください。

このページの情報に関するお問い合わせ先

羊蹄山ろく消防組合ニセコ支署
TEL:0136-44-2354
FAX:0136-44-2866