節電要請と防災ラジオの取扱いについて

その他

節電要請

北海道胆振東部地震による節電のお願い
 北海道総務部危機対策局を通じ、国から節電要請が届いています。
  
 「節電の取組みについてお知らせです。今後の停電を避けるため、平日の朝8時30分から夜8時30分は『節電タイム』のお願いをしています。使わない照明をこまめに消すこと、1つの部屋に集まって過ごすこと、使用していないときは洗濯機、炊飯器、電気ポットなどのコンセントを抜くことなどにより、「節電タイム」へのご協力をお願いします」

                              
 

道道の街路灯の節電について

 北海道胆振東部地震による節電のため、9月10日からニセコ町内の道道の街路灯の約半分が点灯されません。道路通行には十分ご注意ください。
 なお、この節電の場所及び節電の解除日時について、詳しい情報が入り次第お知らせします。
 

防災ラジオの電源確保について

 ニセコ町から貸し出している防災ラジオですが、停電が続くと充電が切れ、利用することができなくなってしまいます(使い方により、充電が切れる時間は様々です)。
 このため、今後停電があった場合の、緊急的な手段(あくまで緊急的な手段です)を次の通りお知らせします。
  • 必ず、ACアダプター(電源コード)を抜いてください。
  • ラジオの裏側にあるふたのネジを、ドライバーで外してください。
  • ラジオの中に入っている水色の充電用電池をすべて外してください。
  • 市販の単3電池を入れてください。3本必要です。
最後に、ご注意です。
 
単3電池を使う方法は、あくまで緊急的な場合のみです。停電が復旧した後、市販の単3電池が入ったまま、ACアダプター(電源コード)を取り付けると、電池が熱を持ち、大変危険です。停電復旧後は、必ず、元の充電用電池に戻してください。
photo

このページの情報に関するお問い合わせ先

ニセコ町役場
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500