ニセコ町観光振興計画

 ニセコ町は、古くから道内の温泉観光地として知られ、高度経済成長期には、モイワスキー場、アンヌプリ国際スキー場が開設されるなど、倶知安町のニセコグラン・ヒラフとともにスキーリゾートとして脚光を浴びるようになりました。その後、途中にバブル経済などの影響を受けながらも、昭和50年代後半からはペンションの急増や、スキー場、ホテル、ゴルフ場などの建設が進みました。また、平成8年ごろからはアウトドアや体験事業など地域の特色を生かした事業に取り組み、夏季の観光需要が大きく伸張しました。
 近年は、ニセコ地域の雪質の良さがオーストラリア人スキーヤーを中心とした外国人にも知られるようになり、スキーを目的とした冬季の外国人観光客が増加しています。また、夏季にはアジア地域からの観光客が増加するなど、ニセコ地域は国際観光地として注目されるようになり、開発や投資が活発化しています。
 その一方で、全体の観光客の入り込み数は横ばいが続いています。これまでもニセコ町や周辺地域では、観光振興のためにさまざまな方策に取り組んでいますが、地域にある豊富な観光資源を生かしきれていない、事業者間で共通認識が得られていない、国内外の観光客ニーズに対応しきれていないといった多くの課題を抱えています。
 そこで町では、このような追い風や課題などさまざまな事象を考慮しながら、観光振興のみを実現するのではなく、地域全体が活性化することを目的にこの計画を策定します。

改訂作業

この計画は時代の変化に応じて内容を見直すことにしており、次の通りすすめました。

経過

平成24年7月17日第25回ニセコ町観光戦略会議
平成24年9月11日第26回ニセコ町観光戦略会議
ニセコ町観光戦略会議内に計画改訂ワーキンググループ設置
平成24年9月20日第1回計画改訂ワーキンググループ
平成24年10月1日第2回計画改訂ワーキンググループ
平成24年10月10日第3回計画改訂ワーキンググループ
平成24年10月17日第4回計画改訂ワーキンググループ
平成24年10月25日第5回計画改訂ワーキンググループ
平成24年11月12日第6回計画改訂ワーキンググループ
平成24年11月27日第7回計画改訂ワーキンググループ
平成24年12月5日ニセコリゾート観光協会との意見交換
平成24年12月11日第29回ニセコ町観光戦略会議
平成25年1月16日第30回ニセコ町観光戦略会議
平成25年2月21日改訂案に係る縦覧及び意見公募(3月6日まで)
平成25年3月11日改訂案に係る町議会議員への説明
平成25年3月13日改訂案に係る町民意見交換会
平成25年3月19日第1回ニセコ町観光審議会

改訂の概要

1.目標とする姿の変更
「ーいつ訪れても心身ともに健康で元気になれるー居心地のいい町 ニセコ」
2.数値目標の追加
・観光客の総合満足度 「大変満足」と回答する割合を夏期27%、冬期35%
・観光客の平均消費額を夏期48,000円、冬期65,000円
3.観光振興施策の基本戦略の追加
次の3項目を追加
・7 スポーツ観光の振興~スポーツによる感動・交流の創出~
・8 シニア層増加、総人口減少へのアプローチ~少子高齢化社会に向けた対応
・9 ニセコに滞在する力の発信~長期滞在から移住へ~

(以下当初策定時)計画の概要

観光振興施策の基本理念

ニセコ町では、地域の力を培うため観光振興施策に取り組みます。具体的な施策は、次の基本的な考え方に基づき展開します。
  • 観光客の満足度を高める
  • 町民生活を豊かにする
  • 持続可能な地域経済を確保する
  • 自然(環境)を保全する

計画の期間

本計画の期間は、平成21年度から平成30年度までの10年を目途とします。

目標とする姿

ーいつ訪れても心身ともに健康で元気になれるー
だれもが共感し 充実できる 悠悠(ゆうゆう)リゾート ニセコ

 ニセコ町では、「四季を通じた美しい自然や景観、遊び」、「信頼できるおいしい食」、「あたたかく迎えてくれる人々」などを確立することで、来訪者に対してにじみ出る感動やスローライフの充実感を得ることができる癒しの空間を提供するリゾート地を目指します。
 また、町民は、観光振興が地域の活性化と一体であることを実感しながら、さまざまな活動に参画していきます。そして、地域における人の魅力を確立することで、リゾート地としての価値を向上させるとともに、ここに住むことの魅力を高めながら地域の持続的な発展を図り、来訪者と町民の双方が楽しめ、元気になる地域を目指します。

観光振興施策の基本戦略

 ニセコを訪れる観光客の多くは、町内における地区の違いや近隣町との行政界を意識しているわけではありません。本計画ではこのような実情を考慮し、町内を地区ごとに分割して考えることはせず、町内のみならず周辺地域を含めた広域的な視点を持ち、地域の魅力を最大限に引き出せるよう考慮します。また、地域の総合的な魅力を高めるために観光事業者のみならず、他産業(農業、商業など)に関わる人や町民などが協働で観光振興に取り組み、「連携(地域がつながる)」を中心に据えた6つの基本戦略を展開します。
  1. 環境との調和~四季の自然と景観を保持し、調和のとれたリゾ-ト地に~
  2. 人材育成・交流~人が地域を元気に、人が観光の魅力に~
  3. 地域資源の活用~地域価値を高め、地域内経済の活性化を~
  4. プロモーション活動の強化~情報管理体制の強化と戦略的活用~
  5. 広域観光の推進~広域連携による魅力の強化~
  6. 受入れ環境の整備~誰もが来訪・滞在しやすい環境づくり~

意見募集の結果

計画案に対する意見募集をおこなったところ、特に意見はありませんでした。
計画案の修正もありません。

意見募集(縦覧)期間:平成21年2月18日(水)から平成21年3月4日(水)

意見の募集(終了しました)

町では、3月に「ニセコ町観光振興計画」の策定を予定しています。そこで、計画案を公表し、みなさんからのご意見を求めます。いただいたご意見は、ホームページ等で公表し、その内容について検討し、結果をお知らせします。
みなさんからのご意見をお寄せください。

意見募集(縦覧)期間:平成21年2月18日(水)から平成21年3月4日(水)まで

ご意見をお寄せいただく方法

・担当までお知らせください
ニセコ町役場商工観光課
電話番号:0136-44-2121
FAX番号:0136-44-3500
郵便番号:048-1595
北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地

・ニセコ町役場での縦覧
平成21年2月18日(水)から平成21年3月4日(水)までニセコ町役場商工観光課で計画案を縦覧しています。

策定委員会の開催状況

第9回 平成21年 1月27日午後2時(ニセコ町役場議員控室)
第8回 平成20年10月29日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第7回 平成20年 7月30日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第6回 平成20年 7月14日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第5回 平成20年 5月29日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第4回 平成20年 1月31日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第3回 平成19年11月27日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第2回 平成19年 9月21日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)
第1回 平成19年 8月28日午後7時(ニセコ町役場第2会議室)

事業所ヒアリングの実施

 実際に観光に携わっている事業所を対象に、ヒアリングを行っています。町ではさまざまな意見をもとに、計画を策定していきます。
 

ヒアリングの開催状況

1月31日ニセコアンヌプリスキー場
2月1日ホテルニセコいこいの村
ニセコノーザンリゾートアンヌプリ
ニセコグランドホテル
ホテルニセコ甘露の森
ホテルあしりニセコ
ニセコアンヌプリ温泉湯心亭
2月21日ニセコモイワスキーリゾート
ニセコモイワタワーズ
ニセコ東山プリンスホテル

ニセコ町観光振興計画策定ワーキング

 町では多くのみなさんから意見をお聞きし、いっしょに考えながら計画を策定していこうと考えています。ワーキングは誰でも意見が言える場として用意しています。実効性の高い計画にするために、みなさんがお持ちの考えやアイデアをたくさん出していただきたいと考えています。

第2回

ワーキングの内容
「ニセコの将来像」について考えます。また、将来像を実現するための手法についても考えていきます。
どなたでも参加できます
町内の観光事業者、町民のどなたでも参加できます。予約は不要ですので、直接会場へお越しください。会場ではこれまでに議論した内容の資料を用意していますので、今回から参加されても心配はありません。多くのご意見をお願いします。
ヮーキングの開催日時:
12月6日(木)午後1時から (会場:ニセコ東山プリンスホテル)
12月13日(木)午後1時から (会場:ニセコいこいの村)

第1回

ワーキングの内容
ニセコの現状を知っていただき、ニセコがどのような観光地を目指すのかをみなさんと議論します。
参加対象者
町内の観光事業者、町民のどなたでも参加できます。予約は不要ですので、直接会場へお越しください。
ワーキングの開催
議論の対象をエリアで分けて行います
11月6日(火)午後7時から アンヌプリ地区
11月7日(水)午後7時から 町内全域
11月8日(木)午後7時から モイワ・昆布地区
11月15日(木)午後7時から 東山地区
 会場はいずれも町民センターの一般研修室

計画策定のスケジュ-ル

年月内容
平成19年 7月そよかぜ通信(オフト-ク)、ホ-ムペ-ジでの計画策定着手のお知らせ、委員の公募
7月中旬委員公募の締め切り
7月下旬第1回策定委員会委員会の開催
8月~調査作業開始、各地区でのワ-キング作業開始
平成20年 2月調査結果、各地区でのワ-キングの取りまとめ
3月まちづくり町民講座の開催(これまでの作業内容と今後の作業について)
~12月観光振興計画案の取りまとめ
2月パブリックコメント 計画策定作業終了

観光振興計画策定委員会

委員会は公募委員を含む11名で構成され、観光振興計画を策定するためのさまざまな議論や調査を行います。

策定委員会の委員を募集します

【募集は終了しました】
町では「ニセコ町観光振興計画」をいっしょに考えてくれる人を募集しています。
  • 応募対象者: 町内に在住し、日中(通常は午後)に開催する会議へ出席できる人
  • 募集人数: 2名
  • 応募の締め切り: 平成19年7月17日(月)
  • 応募先、お問い合わせ: ニセコ町役場商工観光課
電話番号:0136-44-2121

(参考)ニセコ町観光振興計画策定委員会設置要綱

(設置)
第1条 この要綱は、ニセコ町観光振興計画策定委員会(以下「委員会」という。)を設置し、ニセコ町観光振興計画を策定することを目的とする。

(所掌事項)
第2条 委員会の所掌事務は、次のとおりとする。
(1) 基礎調査に関すること。
(2) 観光振興計画素案作成に関すること。
(3) 実施計画案作成に関すること。
(4) その他観光振興計画策定に必要な事項に関すること。

(組織)
第3条 委員会は、委員11人をもって組織する。
2 委員は、次に掲げる各号の者から町長が委嘱する。
(1) 観光に識見を有する者 6人
(2) 商業に識見を有する者 3人
(3) 一般公募に応じた者 2人
3 前項第3号の一般公募に応じた者が定数に満たなかった場合は、男女及び年齢構成を勘案し、町長の指名する者をもって不足定数を補うものとする。
4 委員会に、委員長及び副委員長を置き、委員の互選によってこれを定める。
(1) 委員長は委員会を代表し、会務を総理する。
(2) 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代理する。
5 委員会は、所掌事務が終了したときをもって解散する。

(会議)
第4条 会議は、委員長が必要に応じて招集し、委員長が議長となる。
2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。
3 会議の議決は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

(事務局)
第5条 検討委員会の事務局は、商工観光課商工観光係に置く。

(委任)
第6条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は委員長が別に定める。

附則
この訓令は、公布の日から施行する。

このページの情報に関するお問い合わせ先

企画環境課広報広聴係
TEL:0136-44-2121
FAX:0136-44-3500