まちづくり

さまざまな取り組み

新庁舎建設/基本設計

ニセコ町新庁舎建設第1回ワークショップを開催します

町では町民のみなさんや来客のかたがたが気軽に訪れることのできる新庁舎を建設していくために、第1回ワークショップを開催します。

新庁舎にあってほしいと思う機能や設備など、広く意見交換をする場となっておりますのでたくさんの方の参加をお待ちしております。

 

◎ 日  時  10月18日(水) 18時30分~20時00分

◎ 会  場  ニセコ町民センター 2階 研修室1

◎ 対象の方  ニセコ町にお住まいの方(定員30名程度)

◎ 申込方法  10月13日(金)までに窓口、電話、FAX、電子メールでお申込みください。申込みの際は、氏名・住所・電話番号をお知らせください。

◎ お問合せ  ニセコ町役場総務課庁舎整備係

担当:黒瀧、北野、田中

電話:0136-44-2121

FAX:0136-44-3500

メールアドレス:bousaiアットマークtown.niseko.lg.jp

※迷惑メール防止のため@をアットマークに変えてあります。

実際にメールを送信する際は@に変えて送信してください。

 

※第1回ワークショップは終了いたしました。

 

庁舎建設に関する意見等がありましたら、上記連絡先、総務課庁舎整備係までお願いします。

 

ニセコ町新庁舎建設第1回ワークショップを開催しました

10月18日、第1回ワークショップを開催し、20名のかたがたに参加していただきました。今回のワークショップでは、庁舎建設に向けたこれまでの取り組みや、プロポーザル案の紹介、グループディスカッションなどを行いました。グループディスカッションでは、町民目線の貴重な意見をいただくことができました。今回いただいた意見を参考に、引き続き、新庁舎整備に向けた取り組みを行っていきます。

 

※いただいた意見の一部をご紹介します。

◎ 現庁舎の良いところ

・町民談話室を来客へ開放しているところ

・会計窓口が出入口に近いところ

・窓口が町民目線なところ

・1階の開放的な執務空間

・町長室がガラス貼りのところ

 

◎ 現庁舎の問題点

・案内板が不十分のため、行きたい部署が分かりにくい

・プライバシーが守られている相談室などがない

・町民談話室で職員の打合せが行われていることが多く町民が休憩できない場合が多い

・夏は暑く、冬は寒い

・庁舎内が暗い

・バリアフリーとなっていない

 

◎ 新庁舎建設アイデア

・来庁者がわかる場所に総合案内を設置

・プライバシーが守られ、気軽に相談できる場所の設置

・1階に町民(来庁者)が利用できる広いスペースを設置

・空調設備を整えてほしい、夏は涼しく冬は暖かい環境を

・庁舎内を明るくしてほしい

・省エネの工夫

・バリアフリーの整備

 

 

グループワークの様子                           発表1班

DSC_2873

DSC_2827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表2班                                 発表3班

DSC_2842

DSC_2862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第162回まちづくり町民講座「ニセコ町役場新庁舎建設に向けて」を開催します!

町では、建設から50年経過した役場庁舎の耐震性の問題などを解決するため、新庁舎を建設することとしました。

今回のまちづくり町民講座では、8月に行った新庁舎建設基本設計委託業務プロポーザルヒアリングの結果やこの業務を請負う事業者のご紹介、新庁舎建設に向けたこれまでの経緯、基本設計へ向けた概要などをご説明する予定です。

町民の皆さんが気軽に訪れることのできる庁舎を建設するため、たくさんのかたのご参加をお待ちしております。

 

◎ 日  時  9月15日(金) 18時30分~20時00分まで

◎ 会  場  ニセコ町民センター 1階 小ホール

◎ 申込方法  事前の申し込みは、不要です

 

※第162回まちづくり町民講座は終了いたしました。


第162回まちづくり町民講座「ニセコ町役場新庁舎建設に向けて」を開催しました

9月15日、まちづくり町民講座を開催し、25名のかたがたに参加いただきました。今回の町民講座では、新庁舎整備に向けたこれまでの取り組みや、今後のスケジュールなどについて説明しました。参加者の皆様から、貴重な意見や質問をいただき、有意義な説明会となりました。ここでいただいた意見などに留意して、引き続き、新庁舎整備に向けた取り組みを行っていきます。

 

※いただいた意見や質疑応答の一部をご紹介します。

◎ 意見要望

・財政の問題や災害、雪の問題など懸案事項が多いと思いますが、十分に精査して取り組んでください。

・町民と職員がコミュニケーションの取りやすい庁舎を建設してほしい。

・町民が集う場所には、町の取り組みがどのように進んでいるか、わかりやすく表示してほしい。

・地中熱による融雪機能を導入できないか検討をお願いします。

 

◎ 質疑応答

Q1 現庁舎はどのくらいの震度で倒壊しますか?

A1 震度6強の地震で倒壊するおそれがあります。

Q2 木造の庁舎を建設する可能性はありますか?

A2 泊発電所30km圏内に位置するため、放射能対策を行う必要があることから、鉄筋コンクリート構造の庁舎となります。一部、内装などで木材の使用を検討していきます。

Q3 断熱計画やエネルギー高度利用についてどうお考えですか?

A3 外断熱工法を考えています。また、エネルギーは省エネや再エネも考えています。またZEB(ゼロエネルギービル)の導入の可否についても、今後、検討していきます。

Q4 建築費は何年で支払いますか?また、町の財政への影響は?

A4 30年予定のため、年間5千万円の支払となります。収入を増やす努力と支出を抑えていく必要があると考えています。

 

町民講座写真のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニセコ町新庁舎建設基本設計委託業務プロポーザルヒアリングを開催します

ニセコ町では、「まちづくりの拠点となる未来の環境都市」をテーマとした事業者6社による新庁舎建設基本設計のプロポーザルヒアリングを行います。一般公開となっておりますのでぜひお越しください。

 

日時:8月7日(月)13:00~17:00

 

場所:役場第2庁舎(旧公民館) 大会議室

 

※プロポーザルヒアリングは終了いたしました。


ニセコ町役場新庁舎建設基本設計委託業務プロポーザルヒアリングの審査結果

平成29年8月7日(月)に行ったニセコ町役場新庁舎建設基本設計委託業務プロポーザルヒアリングをもとに、同日に開催されたプロポーザル審査会において、厳正な審査の結果、最優秀者・優秀者(次点)を特定しました。

 

最優秀者:株式会社 アトリエブンク

 

優秀者(次点):株式会社 北海道日建設計、株式会社 山下設計

 

審査結果の公表:プロポーザル参加事業者特定結果通知票

 

お問合せ先

総務課庁舎整備係(担当:黒瀧・北野・田中)

電話番号 0136-44-2121

 

 


このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.