暮らしの情報

消費者保護

多重債務

消費者保護

多重債務とは?

多重債務とは

多重債務とは多くの借入先から借金を重ね、返済が困難になった状態をいいます。一度多重債務に陥ると、借金の返済に充てるために、他の金融業者から借り入れる行為を繰り返し、個人の努力だけでの解決は困難になります。
そうなった時、またはそうなる前に、信用できる機関へ相談することは非常に大切です。困ったときは早めにご相談ください。

過払い金について

過払い金(グレーゾーン)

利息制限法では、(10万~100万円未満)の貸付で利息18%/年、(10万円未満)の貸付で利息20%/年と定められています。そのため、20%以上の利息を取っている貸金業者は、この利息制限法違反となります。出資法では平成18年まで上限金利が29.2%であったため、利息制限法との上限金利の差額が「グレーゾーン金利」と呼ばれました。過払い金返還請求とは、このグレーゾーン金利を正しく計算しなおして、払いすぎている場合は返還してもらうというものです。借り入れ額が小さい方でも借り入れ期間が長ければ多額の過払い金返還となる事もあります。
返済途中のものだけでなく、すでに完済済みの過去の借入にも過払い請求は適用されます。心あたりのある方は弁護士等の専門家にご相談ください。

クレジットカードの現金化は犯罪

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは
クレジットカードには、商品やサービスを購入して、後払いにする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに利用できる金額枠が設定されています。「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、本来商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、現金にする事を目的として利用することです。クレジットカード会社はこのような使い方を禁止しています。

<手口の一例>
クレジットカードの現金化 現金化の手口はクレジットカードで50万円の商品を購入させ、それを40万円で買い取るといった方法が取られています。後日、消費者はクレジット会社から50万円の購入代金を請求されることになります。また、「入金されない」「キャンセルできない」等のトラブルも発生しています。このような事業者は「景品表示法を遵守しています」「公安委員会の許可を受けています」などと現金化とは全く関係のない法律や許可について表示をしている場合がありますが、現金化について法律上問題がないと保証しているわけではありません。クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対にやめましょう

専門家に相談を

最寄の相談先
倶知安ひまわり基金法律事務所(0136-21-6228)
しりべし弁護士相談センター(0136-62-8373)

クーリングオフ 悪質商法 多重債務 青少年・若者のトラブル 消費者保護トップ

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.