暮らしの情報

羊蹄山ろく消防組合 消防署

住宅火災警報器

住宅火災警報器設置義務内容

平成16年6月に消防法が改正され、住宅火災による「逃げ遅れ」や被害を低減するために、すべての住宅(一般住宅、共同住宅など)に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられました。

住宅用火災警報器とは?

住宅における火災の発生を検知する機能と警報を発する機能がセットで、火災の発生を素早く知らせ「逃げ遅れ」による死傷者を防ぐとともに、被害の低減をするための機器です。
メーカーにより形状など様々な違いがありますが、設置する場所にあった適切なタイプのものを選んで備えてください。

住宅用火災警報器の種類

煙式警報器 ~ 煙を感知して危険を知らせます。
設置場所 「廊下・階段」「部屋」「ふだん煙が発生しない場所」など

熱式警報器 ~ 熱を感知して危険を知らせます。
定温式と、複合型などがあります。
設置場所 「台所」「火を使う場所」など

義務設置はいつから?

新築の住宅の場合
「平成18年6月1日から」で、すでに義務化されています。

既に存在する住宅の場合
「平成23年6月1日から」で5年間は猶予期間となっています。
(お早めに設置することをおすすめします)

設置義務化の背景

 火災警報器を付けることになった背景には、平成15年に住宅火災で亡くなった人のうち、7割の人が「逃げ遅れ」が理由で命を落としている事実があります。また、「逃げ遅れ」が多い理由として、夜間就寝中に発生している例が多いことも原因となっております。
 この人たちの何割かは、火災警報器によってはやめに火災の発生を知ることが出来たら助かった可能性があったからです。
 なかでも高齢者は火災でなくなった方のおよそ6割を占めていて、高齢化の進む現在の日本では、こうした火災から人々の命を守るために備える必要が高まったのが背景にあります。

詳しくは、「羊蹄山ろく消防組合二セコ支署 予防係」まで問合わせください。
電話 0136-44-2354

住宅用火災警報器設置基準

住宅用火災警報器の種類

ztyykeikisyurui.jpg

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.