まちのご案内

有島記念館 有島武郎について



有島記念館TOP 有島記念館概要 有島武郎について 出版物 収蔵資料・作品
利用案内・アクセス 企画展・イベント カフェ ブログ リンク

 

 有島武郎 略年譜

  1878(明治11)年、東京市(現・東京都)生まれ。学習院中等科卒業後、札幌農学校に進学。1903(明治36)年、アメリカに留学。1906(明治39)年、イタリアに留学していた弟で画家の有島生馬とともにヨーロッパを遊学する。翌年帰国し、札幌農学校の後身である東北帝国大学農科大学にて教職に就く。またこの時期、武者小路実篤、志賀直哉、弟で作家の里見弴らとともに『白樺』同人となり、作品を発表しはじめる。 1916( 大正5)年、妻と父を相次いで亡くし、翌年には農科大学を退職。この時期を境に、『カインの末裔』『小さき者へ』『生れ出づる悩み』『或る女』『一房の葡萄』などの作品を発表し、文壇に作家としての地位を確立。小説のほか、童話、戯曲、社会評論、美術評論など多岐に渡って執筆活動を行う。1922(大正11)年、思想と実生活との一元化を求めて、北海道狩太(現・ニセコ町)に不在地主として所有する「有島農場」を、小作人による土地共有を前提として無償解放。1923(大正12)年没。



 明治11年
1878年
  3月4日
 父・武(たけし)、母・幸(ゆき)の長男として東京に生まれる 
 明治17年
1884年
 横浜英和学校入学 
 明治20年
1887年
 学習院予備科第3年級編入学 
 明治29年
1896年
 学習院中等科卒業後、札幌農学校予科5年級編入学 
 明治32年
1899年
 学友・森本厚吉の影響によりキリスト教入信を決意。
 父母の反対にあう。
 父・武が、娘婿・山本直良名義で、マッカリベツ原野(現・ニセコ町)貸下を許可される。 
 明治34年
1901年
 札幌独立基督教会入会。
 父・武とともに狩太(現・ニセコ町)「山本農場」を初訪問。
 札幌農学校本科卒業。卒業後、志願兵として1年間兵役につく。 
 明治36年
1903年
  アメリカに留学 
 明治40年
1907年
  前年にアメリカを出国し、ヨーロッパ各地を周遊し、帰国。
 両親とともに札幌および有島農場を訪問。 
 明治41年
1908年
  東北帝国大学農科大学予科の英語教師として札幌に赴任。
 学内美術愛好団体・黒百合会設立や社会主義研究会に関与。
 山本農場を有島武郎名義に変更。 
 明治42年
1909年
 遠友夜学校校長に就任。
 東京にて陸軍少将神尾光臣の次女・神尾安子と結婚。 
 明治43年
1910年
 実弟の生馬と里見弴らとともに雑誌『白樺』同人となる。
 札幌独立基督教会退会。
 「生れ出づる悩み」のモデル木田金次郎が来訪。
 主な作品
『老船長の幻覚』
 大正3年
1914年
  安子の結核発症にともない、東京に移居。 
 大正5年
1916年
  妻・安子(8月)、父・武(12月)死去 
 大正6年
1917年
  農科大学退職。以降、多くの作品を発表し、作家としての地位を確立。
 「有島武郎著作集」創刊。有島農場で木田金次郎と再会。
 主な作品
『カインの末裔』
 大正7年 
1918年 

 大正9年
 1920年
    主な作品
『小さき者へ』
『生れ出づる悩み』
『或る女』
『惜しみなく愛は奪う』
『一房の葡萄』
『旅する心』
 大正11年
1922年
  思想と実生活の一元化を求め、有島農場の小作人への解放、邸宅・家財処理の意志を表明。
 7月18日、有島農場内の弥照神社にて、土地共有による農場無償解放を宣言。
 個人雑誌『泉』創刊。
 主な作品
『宣言一つ』
『星座』
『ドモ又の死』
『小作人への告別』
 大正12年
1923年
  6月9日
 婦人公論記者・波多野秋子と軽井沢の別荘・浄月庵にて心中。
 主な作品
『親子』

 

 

有島記念館

 〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

  ・開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後 4時30分まで)

  ・休 館 日 /毎週月曜日及び年末年始 ※ただし5月から9月は無休
                 (月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)

  ・入 館 料 /大人500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
         ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
                   年間パスポート(発行日から1年間有効):大人:800円 高校生200円

              
このページは、ニセコ町教育委員会 町民学習課 有島記念館係が管理しています。

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.