まちのご案内

有島記念館ブログ



有島記念館TOP 有島記念館概要 有島武郎について 出版物 収蔵資料・作品
利用案内・アクセス 企画展・イベント カフェ ブログ リンク

 

有島記念館ブログ 

   有島記念館スタッフによるブログです。
 イベント報告や、山色・開花状況などの周辺情報、有島記念館の日常などをお伝えします。筆無精ですので、数日~数十日分をまとめて書いて、まとめてアップロードしています。なので、写真も執筆日に撮ったものとは限りません。あしからず。

 

 



各月の記事一覧
⇒ 2015年 4月
過去の記事を参照する

 




【有島記念館公式facebookへの移行】

2016年3月30日(水) 

このブログは、以下の「有島記念館公式facebook」に発展的解消をします。

長らくお読みいただき、誠にありがとうございました。

有島記念館公式facebook FB-f-Logo__blue_29.png

 

おそらく、更新頻度も増すかと思いますので、これからもよろしくお願い

いたします。

 

 

(D・I) 

 


この頁のトップへ

 

 



【朗読と音楽の調べ】

2016年3月26日(土) 

安藤千鶴子さんの朗読、金子岳櫻さんの薩摩琵琶弾奏による

「朗読と音楽の調べ」を開催しました。

「小さき者へ」や有島一家のルーツ・薩摩について書かれたエッセイなどを

朗読いただきました。

そして、薩摩に伝わる琵琶の弾奏です。

みなさんには、有島のルーツを耳を通して知っていただけたのでは

ないでしょうか。

DSC_7873.JPG

IMGP1146.JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【駒澤千波・石垣渉ギャラリートーク】

2016年3月21日(月) 

今日は現在企画展を開催させていただいている駒澤千波と石垣渉をお迎えして、

ギャラリートークをしていただきました。

280321 (2).JPG

280321 (4).JPG

280321 (3).JPG

280321 (1).JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【晴れです】

2016年3月18日(金) 

280318.JPG

なんとなく、春の気配が感じられてきました。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【石垣渉展オープンand宮山登山会】

2016年3月12日(土) 

石垣渉展がついに今日からオープンです!

ニセコの農村風景とも思われるような風景画の数々。

ぜひごらんください。

今月21日には、駒澤千波さん、石垣渉さんをお迎えして

ギャラリートークも開催します。

280312.JPG

朝からは「宮山登山会」を決行。

昨日の晴天はどこへやら、昨夜からの積雪もあり、

歩きにくいところもありましたが、宮山目指して進みました。

そして、ゴールの後は甘酒や高野珈琲店さんの美味しいコーヒー

を楽しみました。

DSC_2276.JPG

DSC_2292.JPG

今日から駒澤展の作品が会場の都合により、5点少なくなっていますが、

会期中に作品の入れ替えを行います。

また、会場入口付近では、駒澤さん制作のアニメーション「やわらかな種」

の放映を開始しています。

2803122.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【「宮山登山会」下見】

2016年3月11日(金) 

明日の「宮山登山会」に備えて、明日歩く予定の経路を

まわってみました。

今年は稀に見る歩きやすさ。

ほとんどぬかるみません。

280312 (1).jpg

280312 (2).jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【水道凍った】

2016年3月9日(水) 

有島記念館の水道が凍ってしまいました。

暖冬なのに。

ですが、ブックカフェ「有島記念館×高野珈琲店」は平常どおり営業しています。

なぜなら、水道水は使わず、羊蹄山の伏流水でコーヒーをいれている

からです。

280309.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【雨】

2016年2月13日(土) 

季節はずれの雨と高温で、屋根の雪がすっかり

落ちてくれました。

雪下ろしの手間が省けました。

280213.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【「HO」コーナー設置】

2016年1月30日(土) 

ぶらんとマガジン社さんのご協力により、北海道の観光情報誌

「HO」のバックナンバー一式を、ブックカフェにご寄贈いただきました。

誠にありがとうございました。

280130 (1).JPG

280130.JPG

ホームページの都合上、画像が横になっていて申し訳ございません。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【ミュージアムショップの話題】

2016年1月29日(金) 

当館ミュージアムショップに2冊の図書が仲間入りしました。

まずは、髙橋三太郎さん編著の「木工家の生まれ方 カタチの生まれ方」です。

髙橋さんといえば、当館内で使われている椅子やテーブルなどを約30年前

に作っていただいたのです。

昨年、北海道立近代美術館で開催された「髙橋三太郎展」の図録もかねており、

この企画展の際には当館の椅子も展示していただきました。

1,250円+税です。

次は、「おばけのマールとふしぎなとけいだい」です。

この絵本には、なんと有島武郎をモデルとした

「ものしりおばけのオクロック」が出てきます。

こちらは1,296円です。

両方とも中西出版さん発行です。

280129 (1).JPG

280129 (2).JPG

280129 (3).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【晴れ渡っています】

2016年1月16日(土) 

新聞記事用の写真をとりに外にでましたが、

きれいに晴れ渡っております。

羊蹄山もすっきりみえています。

280116 (1).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【駒澤さん来館】

2016年1月9日(土) 

今日は駒澤さんが来館してくれました!

280109 (1).JPG

搬入時から薄利していた作品があり、こすって落としてもよいとは

言われておりましたが、さすがに怖いので、ご本人にご登場いただいた

次第です。

280109 (2).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【あけましておめでとうございます】

2016年1月6日(水) 

本年は今日から開館です。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【よいお年を】

2015年12月30日(水) 

ここ数日の荒れた天気も嘘のように晴れ渡っております。

本年もお世話になりました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

271230 (1).JPG

271230 (2).JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【駒澤千波展「そらのもり」】

2015年12月19日(土) 

オープンしました!

271219.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【駒澤千波展準備中】

2015年11月17日(木) 

 271217.JPG

あさってまでに終わるのかなぁ…。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【講演会「ニセコ町の先史時代遺跡」】

2015年12月6日(日) 

2014年から北海道大学の研究者を中心に、ニセコ町内で過去に調査された遺跡の

再評価活動が行われています。今年に入りその成果をまとめた報告書が刊行されたほか、

現地調査によりストーンサークルである可能性の高い遺構の存在も再確認されています。

講演会では、活動の中心となっている髙倉純氏(北海道大学埋蔵文化財調査センター) 、

鈴木 建治 氏(北海道大学国際本部)の研究者2氏をお招きし、今までの取り組み

や今後の展開などについて紹介いただきました。

内容については、今後、文字起こしをして講評できればと考えております。

このほか、この講演会に関連して、過去の出土資料も展示しております。

多くの方にご来場いただき、質問も活発にかわされました。

ありがとうございました。

また、講演者のお二人にも深く感謝申し上げます。

271206 (2).JPG

髙倉さん

271206 (1).JPG

鈴木さん 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【有島記念館 晩秋の有島記念館コンサート2015】

2015年11月21日(土) 

本日は、後志出身の音楽家をお招きしての「晩秋の有島記念館コンサート2015」を

開催しました。

晩秋というより、もう初冬のような気もしますが。 


後志出身の方ということで、今回は余市町出身の安保奈苗さんのフルートと


ニセコ町出身の菊地志野さんのピアノが奏でるクラシックの調べを、

ご堪能頂きました。

当館音楽事業史上、最も多い150名以上の方にご来場いただきました。

狭い会場で大変ご迷惑をおかけいたしました。

また、安保さん、菊地さん、誠にありがとうございました。

271121(1).JPG

271121(2).JPG

そうそう、高野珈琲店さんが当館オリジナルブレンドコーヒーを作って

くれて、当館のブックカフェで発売中です。

271121.JPG

「一房の葡萄」ブレンドは、甘酸っぱい葡萄をイメージしたとのことです。

また「生れ出づる悩み」ブレンドは、ビターチョコのような香味、

しっかりとしたコク、ほろ苦さの奥に甘酸味も感じられるというものです。

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【写真撮影】

2015年11月18日(水) 

雪が積もる前に、町内の文化遺産の写真とってきました。

271118 (1).JPG

旧でんぷん工場

271118 (2).JPG

北栄ストーンサークル

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【雪囲い】

2015年11月16日(月) 

転車台の雪囲いをしてきました!

解説看板も同時に撤去しております。

271116.jpg

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【明日まで!】

2015年11月14日(土) 

公募絵画展、明日までです!

271114.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【霜】

2015年11月13日(金) 

寒くなってきました。

日陰だけきれいに霜が残っています。

271113 (1).JPG

271113 (2).JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【有島武郎青少年公募絵画展表彰式】

2015年11月3日(火) 

本日、青少年公募絵画展の表彰式が開かれ、多くの方々にご来館

いただきました。

表彰式に引き続き、記念撮影、審査員の佐藤光雄先生からの講評が

行われました。

その後、佐藤先生は展示室に移動して、おおくの生徒のみなさんから

作品を前にして質問を受けていました。

271103 (1).JPG

271103 (2).JPG

271103 (3).JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【トロッコ】

2015年11月1日(日) 

天気もどうかなと思いましたが、どうにか晴れてくれて一安心。

産業遺産(旧新得機関区転車台、旧でんぷん工場、倉庫群)の説明会と


トロッコ(軌道自転車)の運転体験を行いました。また、転車台も手回しで

一部稼働させました。

NPO法人ニセコ倉庫邑の向田さんとともに、産業遺産の解説を行い

ました。

終了後は、軌道自転車の体験運行。

271101 (1).JPG

271101 (2).JPG

北海道新聞さんがyoutubeに動画をアップしてくださっていますので、

私が長々書くよりも見ていただいたほうが早いと思います。

以下のURLです。

https://www.youtube.com/watch?v=12R_cCWhU2Y

ちなみに本事業の正式名称は、

「旧新得機関区転車台移設25周年・使用停止20周年記念

近代化遺産全国一斉公開2015 連携事業

産業遺産見学会とトロッコ運転体験」

です。

長いですね。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【Natsuki ゴスペル&ジャズコンサート】

2015年10月31日(土) 

 札幌のゴスペルシンガー・Natsuki(ナツキ)さんと、ピアニストの南山雅樹さん

をお迎えして、「Natsuki ゴスペル&ジャズコンサート」を開催いたしました。

会場に入りきらないと思えるくらいのお客さまにご来場いただき、大変な盛り上がりを

みせました。

Natsukiさん、南山さん、ありがとうございました。

271031 (3).JPG

271031 (2).JPG

271031 (1).JPG
 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 

 



【「竹岡羊子展 カーニバルに魅せられて」オープンです】

2015年10月24日(土) 

2年前まで、当館の青少年公募絵画展の審査員をお勤めいただいた

竹岡羊子先生の企画展が倶知安町・小川原脩記念美術館で今日から

開催されております。

オープニングの講演会として竹岡先生もお話になるということでお邪魔

してきました。

まずはテープカットです。

271024 (1).jpg

271024 (2).jpg

演会では、おそらく半分くらいの時間は当館の公募絵画展のお話に

費やしていただいたのではないでしょうか。

ありがとうございました。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【審査2日目】

2015年10月23日(金) 

入選、入賞作品計110点が決定しました。

 

 

 

 

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【有島武郎青少年公募絵画展審査会1日目】

2015年10月22日(木) 

全道各地から計374点の作品をお寄せいただきました。

今日は審査1日目です。

佐藤友哉様(札幌芸術の森美術館館長・美術評論家)、佐藤光雄様(全道展会員)、

羽山雅愉様(全道展会員)、西村明美様(道展会員)によって応募作品の審査が行われます。

271022.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【がらんどう】

2015年10月19日(月) 

 収蔵庫に念願の書棚が入ることになりました。

その準備中です。

 

 271019.JPG(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【木が倒されました…】

2015年10月10日(土) 

爆弾低気圧のおかげで、木が倒されてしまいました。

前回のものもふくめて6本です。

271010 (2).JPG

特別展示室内に咲く草花には影響がありませんでした。

鮫島先生の植物画展はあさってまでの開催です!

271010 (1).JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

  



【また爆弾低気圧が…】

2015年10月8日(木) 

ひどい風雨です。

木が倒されないか、気がかりです。

271008.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



【椅子】

2015年10月3日(土) 

当館内で使っている高橋三太郎さん制作の椅子が、北海道立近代美術館に

出張していますので、高橋さんの講演会とともにみてきました。

271003.jpg

※撮影可能な場所で撮影しています。 写真荒くてごめんなさい。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【伐採】

2015年10月2日(金) 

先日の爆弾低気圧で倒れた木を伐採していただきました。

271002.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【軌道自転車をお借りしてきました】

2015年10月1日(木) 

小樽市総合博物館さんのお計らいにより、軌道自転車をお借りしてきました。

これは来月1日に開催する、ニセコ駅横にある「旧新得機関区転車台」の

見学会でみなさまに乗っていただける予定です。

乞うご期待。

271001.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【雪降っていた】

2015年10月1日(木) 

昨日が山頂が確認できませんでしたが、今日は

姿をみせてくれています。

なにか白いものが。

1001 (2).jpg

あ、やっぱり雪が山頂に降っていたのですね。

1001 (1).jpg

まだ平地では木々の葉っぱはあまり色づいていませんが、山頂だけは

晩秋のようです。

寒い。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【雪降った?】

2015年9月30日(水)

羊蹄山は雲に覆われていますが、たまに雲の切れ目からのぞく山頂には

白いものがみえました。

ついに来るべく物が来てしまいました。

0930.jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【DVD上映会&ジャズコンサート】

2015年9月21日(月) 

今日の午前中は有島武郎の長男・森雅之が出演する『蟹工船』と『燃える上海』

のDVD上映会を行いました。

ほぼ定員40名近いお客さまに来ていただきました。

私が俳優・森雅之のこと、小林多喜二のこと、監督のこと、キャメラマンのことなどを

長々と解説をさせていただき、興を削いでしまった感がありますが、なにはともあれ上映スタート。

『蟹工船』を終えた時点で、あまりにも内容が重過ぎるため、お帰りになる方が続出。

『燃える上海』はゆったりとした中での鑑賞となりました。

さて、18時半からは毎年恒例のジャズピアニスト・野瀬栄進さんのジャズライブです。

今回は、パーカッションの武石聡さんもご一緒してくださいました。

0921 (1).JPG

0921 (2).JPG

0921.JPG

秋の夜長にジャズな祝日でした。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【展望台に案内看板&ニセコマラソン】

2015年9月20日(日) 

有島記念館には、有島地区はじめ、羊蹄山やニセコ連山を見渡せる展望台

があります。

階段で5階相当を登らなければならないのですが、登っても

景色に関する看板もなく、降りてきた方から

「あの山は何?」

とか

「あそこに見えた建物は何?」

など質問を受けておりました。

それでは申し訳ないということで、案内看板を設置しました。

0920 (1).JPG

0920.JPG

今日はニセコマラソンでした。

ニセコマラソンはアップダウンが激しいコースを走ります。

 

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【紅葉が始まりました】

2015年9月16日(水) 

秋ですね。

0916 (1).JPG

0916.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【華の乱上映会】 

2015年9月13日(日) 

映画『華の乱』上映会を開催しました。

今回のこだわりは、フィルム上映するということ。

近年、デジタル化によって多くの映画館からフィルム映写機が姿を消しました。

また、映画会社も上映用フィルム(プリント)を所有しなくなってきています。

フィルムで撮られたものが、フィルムで見られなくなる。

そうなる前に、ニセコでロケが敢行されたこの作品をフィルムで上映して、

フィルム文化を少しでも長く存続させることに貢献することも文化施設である

有島記念館の役割ではないかと考えていました。

0913 (3).JPG

2台の映写機を交互に使いながら上映する昔ながらの方式です。

よく「1巻の終わり」という言葉を耳にしますが、大昔は映写機が貴重で

1巻終わるごとに、架け替えをおこなっていたことがその言葉の由来

のようです。

0913 (4).JPG

『華の乱』は8巻のフィルムに分割されています。

0913.JPG

フィルムの装てん完了!

0913 (1).JPG

90人近い多くの方が来場してくださいました。

上映に先立ち解説をさせていただきました。

見所は美術です。

世界的な技術力を誇った大映京都撮影所出身の内藤昭美術監督が、

本作の美術を手がけています。

ちなみに、大映京都撮影所で製作され、国際賞をとった黒澤明監督の

『羅生門』と溝口健二監督の『雨月物語』に主演していたのは、

有島武郎の長男であり、北海道出身の名俳優の森雅之です。

ちなみに、当館としては同作品はあくまでも実在の人物をフィクションとして

創作したものと考えており、ニセコでロケをしたという地域的観点から

紹介しております。

(D・I) 



この頁のトップへ

 





 



 

【木田美術館にいってきました】

2015年9月12日(土) 

木田美術館に行ってきました。

昭和60年まで岩内と小沢を結んでいた「岩内線」の足跡を振り返る

企画展を開催中です。

なぜ美術館で鉄道?

この美術館は旧岩内駅の跡にたっているのです。

また、この美術館の建物を上からみると、転車台を模した

円形となっています。

 

DSC_0075.jpg

ついでに、岩内線の跡を巡るバスツアーにも参加して、古レールの

解説までしてきました。 

DSC_0069.jpg

そんな様子は、以下の大人気サイト「編集長敬白」でご覧になれます。

「編集長敬白」
岩内線廃止30年を振り返る企画展。(上) →コチラ
岩内線廃止30年を振り返る企画展。(下) →コチラ

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【華の乱展準備&「鳥」】

2015年9月11日(金) 

ニセコでロケをした『華の乱』という映画をご存知でしょうか。

この映画に出演した松田優作さんや吉永小百合さんが身に着けた小道具

などを明日から特別公開します。

0911 (2).JPG

外を見ると、ヒッチコック監督の映画「鳥」のような光景が。

秋口になると、虫を探してカラスが地べたをはっております。

0911 (1).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【転車台の窓枠復元完了!】

2015年9月10日(木) 

ニセコ駅横にある「旧新得機関区転車台」の運転室の窓枠は、長年

破損したままでしたが、ついに復元されました。

 

DSC_0059.jpg

転車台復元までの道のりは、以下の大人気サイトでご紹介いただいております。

「編集長敬白」

http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2014/10/17_15.html

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【まだやっておりました】

2015年9月7日(月) 

先月30日で終わったはずの「しりべしミュージアムロード展」ですが、当館だけは

まだやっております。

だらしない学芸員ですから。

それはさておき、当展では有島武郎が弟・生馬の指導を受けて、生馬を

モデルとしたブロンズを展示しています。

あまりお見せする機会のない作品です。

あさってくらいまでは空けておくつもりです。

お早めに!

0905(2).JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【晴れております】

2015年9月5日(土) 

今日のニセコは晴れ渡っております。

当館スタッフが池をきれいにしてお待ちしております!

0905 (1).JPG

0905.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【変な光】

2015年9月2日(水) 

DSC_0050.jpg

変な光の筋がみられました。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【カフェ開業です!】

 

2015年9月1日(火) 

ついに本日からブックカフェ「有島記念館×高野珈琲店」がオープンしました。

本ままだまだ足りませんが、コーヒーは一流です。

また、高野さんのコーヒーを使ったオリジナルモカソフトもあります。

ぜひお越しください!

0901 (1).JPG

0901 (2).JPG

 

0901.JPG

ソフトの盛り付けは、目下修行中とのことです。

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【カフェ開業準備中!】

 

2015年8月18日(火) 

来月1日のカフェオープンを前にして、準備が進行中です。

0818.JPG

0818 (1).JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【鳥が…】

 

2015年8月17日(月) 

「ドン!!!!!!!!!!!!!!!!」

閉館後、私以外にはいない館内でそんな音が響き渡りました。

「なんだ!」

薄暗い館内を見回ります。

無駄に広い館内なので、ちょっと怖いです。

外をみてみると、鳥が。

ガラス窓にぶつかったのです。

しばらくうずくまっていましたが、幸いにして飛んでいってくれました。

0817 (1).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【透明水彩で花を描こう!】

 

2015年8月8日(土) 

今日は松崎祐哉さんをお迎えして、「透明水彩で花を描こう!」を開催させて

いただきました。

松崎さんは、有島記念館が行っている「有島武郎青少年公募絵画展」に6回連続

で入賞・入選した過去をお持ちで、3年前の「再会展」などにも作品をお借りして

いる、有島記念館とは大変ゆかりの深い方です。

今年からは、札幌市内で絵画教室を開設されているほか、前に紹介した

デッサン書も執筆されるなど、お忙しい日々を過ごしています。

今回の講座も、早々に定員となり、枠を増やしたもののそれも定員となって

キャンセル待ちまで出ておりました。

今日は「身近な食材を使って絵を描く」ということだけを事前にお伝えして

いましたが、開講後、松崎さんから「塩」を使いますということが発表されて、

参加者のみなさんは驚かれていました。

0808 (1).JPG

松崎さんがお手本を示します。

その後、この講座で描く草花を採集に館外へ飛び出しました。

 

0808 (7).JPG

 

0808 (6).JPG

まずは絵具でベースや草花を描き、そこに塩で柄をつけます。

すると塩が結晶化して、予期せぬ美しさをみせます。

0808 (3).JPG

写真では結晶の模様がうまく伝わりませんが、その結晶のに参加者のみなさんは

一喜一憂され、大変楽しい講座となりました。 

0808 (4).JPG

松崎さん、参加者のみなさまありがとうございました。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【ウェディング写真の撮影】

 

2015年8月8日(土) 

最近、有島記念館のまわりの公園でウエディング写真撮影をされる方が

増えてきています。

どうしたのでしょう。

おめでたいことに使っていただけるのなら何よりです。

0808.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【高島市の子どもたち&札幌の大学生】

 

2015年8月4日(火) 

滋賀県・高島市と札幌市の大学生の団体さんが

来館してくれました。

若いエネルギーにあふれる館内です! 

0804 (1).JPG

0804.JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【大崎和男さん個展】 

 

2015年7月27日(月) 

3年前に当館で 記録写真展を開催した大崎和男さんの私設ミュージアム「大崎ミュージアム」

に先月伺いましたが、来月からは新得町公民館で個展も開催されるとのことでご案内をいただき

ました。

0727.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【有島記念館周辺の植物を使った草木染体験】

 

2015年7月18日(土) 

今日は、鮫島惇一郎植物画展の関連事業で、有島地区にお住まいの自然ガイド・

田中富美江さんをお招きして、草木染体験を行いました。

 

0718 (3).JPG

まずは、館外にオニグルミやヨモギなど染めるために必要な植物を採集にいきます。

0718 (4).JPG

戻ってきた後は、採集した草を鍋でぐつぐつと煮ます。

0718 (1).JPG

そして、模様をつけるためにシルクをゴムで縛ったりしてなどして、

染め汁でゆでます。

0718 (2).JPG

完成後は、窓際で乾燥させました。

0718.JPG

身近な草花で、このような楽しいことができるということを、参加者のみなさんは

田中さんから学ばれてういたようです。

今回も、定員を急遽増やしての開催でしたが、それでも加わっていただけなかった

のは残念でした。

またこのような機会を設けたいと考えております。

田中さん、参加者のみなさんありがとうございました。

ちなみに、完成した作品ですが、参加者のみなさんからしばらくお借りして

館内で展示しますので、みにきてください! 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【しりべしミュージアムロード展準備中】

 

2015年7月17日(金) 

 

0717.JPG

ただいま、しりべしミュージアムロード展「道」の準備中です!

今年のテーマは「道」で、当館では「二つの道」という切り口で展示を行います。

有島武郎が弟・生馬の指導を受けて制作したブロンズ、水彩作品はじめ、

有島生馬、小川原脩などゆかりの作家の油彩作品も特別展示いたします。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【】

 

2015年7月16日(木) 

「黒に思う。」西村明美銅版画展

2015.7.14(火)〜26(日) 会期中無休

TO OV cafe (ト・オン・カフェ)

札幌市中央区南9条西3丁目2-1 マジソンハイツ1F

月〜土 10:30〜22:00 日曜日 10:30〜20:00 地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩2分

ni.jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【北海道博物館協会&有島武郎ゆかりの建物】

 

2015年7月10日(金) 

今日と明日は「北海道博物館協会」の総会でした。  

0710 (4).JPG

その中身はさておき、会場は北海道開拓の村です。

ここには、有島武郎にゆかりの深い建物がいくつかあります。

まずは、旧有島武郎邸。

この家では、後の画家・木田金次郎との出会いがありました。

その出会いをモデルに、小説「生れ出づる悩み」が誕生しています。

0710 (1).JPG

次は、北海道帝国大学恵迪寮。

ここは、有島武郎が東北帝国大学農科大学の教官として赴任してきてから

舎監をしていました。

0710 (3).JPG

最後に、旧開拓使爾志通洋造家。

通称「白官舎」。

有島武郎は「白官舎」という作品を書き、後に「星座」として加筆改題を

おこないましたが、自死にともない未完となっております。

0710.JPG

このほか、北海道開拓の村では、来月からは「平成の『生れ出づる悩み』」展が

巡回開催されます。

展示とあわせて、有島武郎ゆかりの建物などを見にいってみてはどうでしょうか。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【転車台草刈ありがとうございました】

 

2015年7月6日(月) 

 tensha.jpg

転車台の草刈にいったら、ニセコ町役場商工観光課の方々がすでに

刈っていただいておりました。

みなさん、これで転車台を快適に見学していただくことができます。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【植物・産業遺産見学会「有島記念館周辺の植物観察と有島灌漑溝を歩く」】

 

2015年7月4日(土) 

今日は、鮫島惇一郎植物画展関連行事として有島武郎の農場があった

有島地区の植物、そして土木遺産である「有島灌漑溝」を見学する普及事業を

開催しました。

今回も定員を大幅に超える方々に参加していただきました。

植物解説は、当館の事業でおなじみの浦幌町立博物館の持田誠学芸員、

有島地区の土木遺産については、この地域の歴史を掘り起こしている

梅田滋さんに担当していただきました。

まずは、有島記念館裏から植物をみながら、宮山へ遊歩道をたどっていきます。

ニセコにお住まいの方でもあまり知る方はすくない遊歩道ですが、

持田さんの解説をうけながら歩くと様々なことがわかってきます。

人工物である水田は、実は植生を保つのに貢献していることなどなど。

午前中に持田さんと歩いた時にあった草花が、午後には草刈が行われて

なくなっていたというハプニングがありましたが、みなさん、解説と

散歩を楽しまれているようでした。 

0704.JPG

0704 (1).JPG

0704 (3).JPG

有島灌漑溝は、有島武郎が収益性をあげて小作人の生活が安定

するように大正末年頃に建設したものです。

当時の石組みなどがところどころに残る貴重な土木遺産です。

そこは梅田さんの独壇場。

解説にも熱がこもります。 

0704 (2).JPG

結局、3時間、5キロ以上を歩く行程でしたが、脱落者もなく終えることができました。

梅田さん、持田さんはじめ、参加者のみなさん、ありがとうございました。 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 

 



 

【植物・産業遺産観察ウォーク試運転】

 

2015年6月28日(日) 

来週の植物・産業遺産見学会のコースを1人で歩いてみました。

花がさいていたり、山がみえたり、川がそばをながれたり、

鳥や虫がないていたり、産業遺産があったりと、わずが4キロほどの

行程ですが、わくわくさせられるコースです。

蚊には刺されましたが。

それはさておき、もう定員には達しておりますが、定員を急遽増やして

追加募集中です。

お申込はお早めに!

0629.JPG

 

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【トロッコ】

 

2015年6月27日(土) 

上士幌でもトロッコの体験試乗ができます。

いいなぁ。

ニセコでもしたいなぁ。

0627.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



【平成の「生れ出づる悩み」網走展】

2015年6月26日(金) 

先日まで当館で開催していた平成の「生れ出づる悩み」展ですが、網走に場所を移して

開催しております。

なので、みてきました。

会場の壁面がかわると、作品の見え方も違ってきます。

来月4日には、入選作家の戸来友美さんによるギャラリートークも開催されます。

7月19日までです!

0626 (1).JPG

0626.JPG

※写真は許可を得て撮影しています。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【新得にて】

 

2015年6月25日(木) 

平成の「生れ出づる悩み」網走展に向かうべく、道東を目指しています。

その途中、ニセコ町にある鉄道遺産「旧新得機関区転車台」があった新得町

にも立ち寄りました。

狩勝峠・旧新内駅ではトロッコにものってきました。

ニセコ駅の転車台でもトロッコ走らせたものです。

0625 (1).JPG

新得駅近くに保存されているD51蒸気機関車をみて、3年前に当館で

記録写真展を開催した大崎和男さんの私設ミュージアム「大崎ミュージアム」

にいってきました。

その後、方々の博物館、美術館に寄り道しながら網走に入りました。

0625.JPG

この写真は来週開催の植物観察会で講師をおつとめいただく、持田誠さんがお勤め

の浦幌町立博物館です。

(D・I) 



この頁のトップへ

 





 

【転車台近況】

 

2015年6月23日(火) 

転車台とアッシュピットを安全に見学していただくため、

ロープをはってきました。

0623_103205.jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【鮫島惇一郎植物画展オープン&鮫島先生の講演会】 

 

2015年6月20日(土) 

展示オープンしました!

鮫島惇一郎先生が描いた植物画とその画に寄せて書かれたエッセイとを

1セットとして展示しています。

あと本日は鮫島先生の講演会がありました。

ご自身の半生や植物に関するお話など、会場からの

質問にも気軽に答えていただき、大変盛り上がりました。

0620 (1).JPG

今年で89歳の鮫島先生ですが、その間、椅子にお座りになる

こともなく、立たれてお話されておりました。

お元気です!

0620.JPG

ちなみに、鮫島先生は写真集を何冊も出されています。

その中から、50年前の比羅夫地区を写した写真がありましたので、

ご紹介します。

今のほぼ同じ地点の写真を今日の朝、撮影してきました。

驚くべき変わり様です。

0620s (1).jpg

0620s.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

  



 

【収蔵庫の棚撤去】  

 

2015年6月19日(金) 

収蔵庫に新たな書棚を入れてもらえるようになりました。

今までの棚は「書棚」ではなく、「物品棚」を代用していたので、

本の重みには耐えられず棚が湾曲しはじめていました。

という訳で、10月に入れ替えられることになり、

今日は古い書棚の撤去です。

新しい棚が入るのは楽しみです。

0619 (1).JPG

0619.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【鮫島惇一郎植物画展準備中】 

 

2015年6月17日(水) 

20日のオープンまであとわずか。

みんなでがんばって展示作業しています!

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【LED】

 

2015年6月16日(火) 

展示室内でLED電球を試しにつけてみました。

予算がつけば全部LEDにしたいなぁ。

その頃には有機ELがメジャーになっているかも。

0616.JPG

手前がLED照明 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【撤収完了!】

 

2015年6月15日(月) 

若手作家展の撤収が完了いたしました!

展示を組むのは時間がかかりますが、撤収はあっという間。

さびしいですが、次なる展示に向けて気持ちを入れ替えて

がんばります!

0615 (1).JPG

0615.JPG

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【若手作家展本日までです!】

 

2015年6月7日(日) 

後志出身の作家さんお2人(画家・新見亜矢子さん、写真家・山下隆博さん)に焦点をあてた

今回の若手作家展ですが、本日が最終日となります!

 

0607.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【星座忌】 

 

2015年6月6日(土) 

今日は、6月9日の有島武郎の命日を前にして有島を偲ぶ、

「星座忌」です。

例年、ほぼ招待された方だけの参列でしたが、今回から

音楽葬として有島を慰めるという新しい形で開催されております。

ヴァイオリンは、当館で4回目のご演奏になる能登谷安紀子さん、

ピアノは能登谷さんと長らくコンビを組まれえている友清祐子さんです。

お二人とも、ニセコではファンの方が増えてきている当館イチオシの

演奏家の方です。

まず、参列者代表として樫原和雄さんより遺影に顕花をしていただきました。

つづいて、お二人の演奏へと移りました。

今回は約120名もの皆さんにご来場いただき、有島を偲んでいただくこと

ができました。

能登谷さん、友清さんはじめ、参列いただいた方々に感謝申し上げます。

0606s (1).JPG

0606s (3).JPG

0606s.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【転車台近況】 

 

2015年5月29日(金) 

草刈しないとなぁ。

0528 (1).jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【偶然】

 

2015年5月28日(木) 

札幌市中央図書館に調べ物にいったら、

偶然にも「木田金次郎とニセコ周辺アートの旅」というミニ展示が

開催されておりました。

当館もばっちり紹介していただいております。

7月14日までです!

0528 (2).jpg

 

0528.jpg

※写真は許可を得て撮影しています。

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【ニセコ高校のみなさん来館】 

 

2015年5月18日(月) 

今日はニセコ高校の授業の一環として、約30名の生徒さんが

来館してくれました。

事前に有島地区の郷土史を研究している梅田滋さんからレクチャーを

受けているせいか、大変熱心にきいてくださいました。

私が高校生のとき、こんなにまじめな生徒なら、今頃まともな大人になって

いたかと反省させられます。

0518 (1).JPG

0518.JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【カフェ工事はじまりました】 

 

2015年5月11日(月) 

ついに、カフェの工事がはじまりました。

もともと厨房はあったのですが、なぜか厨房を区切る壁がなかったので、

その壁をつける工事です。

今週中で完成の見込みです。

0511 (1).JPG

0511 (2).JPG

今日もニセコは晴れ渡っています。

0511.JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【隠れ家】 

 

2015年5月10日(日) 

ニセコ町内の方にもあまり知られてはおりませんが、有島記念館裏から

宮山にかけて約2キロの遊歩道があります。

横に川が流れ、小鳥や植物なども身近に観察できます。

途中、東屋もありますので、散歩につかれた際にはご利用ください。

0510 (1).JPG

0510.JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【ルーツ探し】 

 

2015年5月8日(金) 

札幌からご自身のルーツを探している方に、ご来館いただきました。

昨年来、お問い合わせをいただき、どうにかご先祖様のお名前がある

資料をみつけだし、閲覧していただきました。

明治から大正時代にかけて有島農場に小作人として入られていた方の

末裔で、こちらもご先祖様に関する情報をいただくことで、当館資料を

違う側面からみることができ、大変有意義なひと時でした。

当館は現在、資料整理中でなかなかすぐにはお見せできない状況

ですが、これからもこういうお問い合わせには対応させていただき

たいと思います。 

0507 (1).JPG

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【弥照神社】 

 

2015年5月7日(木) 

有島武郎の父・武がつくり、武郎が解放宣言をした場所である弥照神社。

鳥居の色がいつの間にかかわっていたので、リーフレット用の新たな写真

をとるために、いってきました。

春の匂いがぷんぷんしています。

0507.JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【松崎祐哉さんの本がでました!】 

 

2015年5月6日(水) 

中高生時代に「有島武郎青少年公募絵画展」に6回連続入選・入賞し、

その後、東京藝術大学に進まれた松崎祐哉さん。

2年前の「再会展」や今開催中の「平成の『生れ出づる悩み』展」

でも作品を紹介させていただいております。

その松崎さんが、『超デッサン入門』という本を書かれました。

素人の私も、この本でデッサンがうまくなるのかしら。

私はサインも入れてもらいました!

全国の書店で発売中です。

0506.JPG

0506 (1).JPG 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【サクラチル】 

 

2015年5月6日(水) 

0506 (2).JPG

あっという間にサクラも見ごろを過ぎてしまいました。

花は散ってしまいましたが、今度は池の水面が見事なピンク色が染まっています!

1つの場所で2度もお花見ができそうです。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【新見亜矢子さん来館中です】 

 

2015年5月5日(火) 

現在開催中の、新見亜矢子作品展の出品作家さんである新見さんが、

ゴールデンウィーク中ということで展示室に来てくださっています。

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【転車台に看板を設置してきました】 

 

2015年5月4日(月) 

この前、ニセコ駅横の「旧新得機関区転車台」に今年も看板をつけてきました。

転車台と殖民軌道真狩線の解説です。

0503_102447.jpg

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【有島地区春の探索】 

 

2015年5月3日(日) 

雪もほとんど解けてしまいました。

という訳で、ヤボ用ついでに有島地区を歩いてみました。

まずはニセコアンヌプリ。

0503 (1).JPG

まだまだ雪が残っています。

タンポポもさいています。

0503.JPG

有島地区の地面の下を潜り抜けていた、函館本線の旧線トンネル

まで歩いてみましょう。

旧トンネルまでの道のりは「里山の小径」という名がついています。

0503 (2).JPG

カタクリがきれいです。

0503 (3).JPG

旧トンネルです。

0503 (4).JPG

中に吸い込まれるような不気味な感じがします。

眼下には尻別川が。

雪解け水で増水した川ではラフティングを楽しむ方々がみえます。

0503 (5).JPG

「おーい!」

と何度も叫んでみましたが、水音にかき消されているのでしょうか。

まったく気づいてもらえませんでした。

ちなみに、

「おーい!」

と叫ぶと、その後に「水島!」と続けたくなるのは、今年が終戦後

70年たったからでしょうか。

私がただオヤジだからでしょうか。

オマエは何を言っているかわからないという方は、『ビルマの竪琴』を

お読みください。

(D・I) 



この頁のトップへ

 



 

【桜が咲き始めました】

 

2015年4月30日(木) 

 

有島記念公園の桜が咲き始めました!

IMGP9645.JPG

 

 

 

 

 

 

(D・I)  

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【衣替え】

 

2015年4月23日(金) 

 

 

冬の間、ビニールシートをかぶっていた銅像さんも

 

春の装いとなりました。

IMGP9646.JPG

※写真は別の日にとりました(このブログでは往々にしてありますが)

 

 

 

 

 

(D・I) 

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【転車台】

 

2015年4月22日(水) 

 

 

ラジオニセコに出演するために、ニセコ駅前にいく途中、

転車台をみてきました。

雪も例年になく早く解けて、転車台全体が姿をあらわしていました。

 

これから掃除や草刈など、忙しくなります。

IMGP9614.JPG

 

 

(D・I) 



この頁のトップへ

 

 



 

【小林政雄さんと畠山哲雄さんに関する講演会】

 

2015年4月18日(土) 

 

 

昨年開催した「夕張市美術館コレクション展」。

そこでは、夕張の風景を多く描いた小林政雄さんと畠山哲雄さんの作品を

多く展示させていただきました。

今回、夕張市で夕張市美術館元館長・上木和正さんが、お二人の作品について

講演されるということで、参加してきました。

お話の中では、今後も夕張の作品が各地で公開されるお話もあるようで、

昨年、岩内の木田金次郎美術館と当館とで開催させていただいた

 

コレクション展が多少はお役になったのかなぁと思いました。

IMGP9611.JPG

 

 

 

 

 

(D・I)  

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【文学の街・旭川】

 

2015年4月17日(金) 

旭川にやってきました。

旭川駅のすぐ横には、「氷点橋」がありますが、これは旭川ゆかりの作家

三浦綾子さんの「氷点」から名づけられたものです。

この橋を渡ってしばらくいくと「三浦綾子記念文学館」があります。

このほか、旭川には井上靖をはじめとする多くの文学館があります。

旭川にいくさいには、ぜひ、訪問してきてください。

旭川に来た目的は、今も伝統的手法を守る内藤表具工房さんを訪れるためです。

IMG_20150416_181308.jpg

有島記念館開館の際、有島武郎の弟である作家・里見弴に、

館名の揮毫をお願いし、受領しました。

その書は、その後、アクリル板に貼り付けられて展示されていました。

それではあまりだということで、今回、内藤さんにお願いして、

剥がしていただき、仕立て直しをしていただこうということになりました。

今は剥がされた状態で、裏打ちをしている段階です。

今後、きれいに仕立て直しをしていただけるということで、楽しみです。

内藤さんからは、お仕事のことなど多くのことを学ばせていただきました。

IMGP9557.JPG

 

 

 

 

 

 

(D・I) 

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【某所にて】

 

2015年4月16日(木) 

 

 

今日は、某所にて次回企画展でお借りする作品の

 

事前調査をしてきました。

IMGP9549.JPG

 

 

 

 

 

(D・I)  

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【看板なおしました】

 

2015年4月12日(日) 

残念ながら、「有島記念館」と名乗っていても、最近ではそれが

小説家・有島武郎を顕彰した記念館だということだと認知している方は

少なくなっているように思えます。

あと、「有馬記念」館だと思って入館される方が意外と多いのです。

お客様が出る時、

「なんで有馬記念館なのに、小説家の紹介をしているの。馬の内容なんてないじゃん」

というクレームをいただくこともあります。

そんなわけで、リーフレットなどには有島武郎が小説家であるとわかる

ようなキャッチフレーズを入れておりましたが、有島記念館近くにある

看板にも「小説家・有島武郎の想いを今に伝える」というフレーズを

入れてみました。

なお、有島記念館には馬関係の資料は、常設展示室内に

馬の蹄鉄があるのみです。

とはいえ、競馬ファンの方にもご来館いただき、有島武郎の作品に

触れていただけるとうれしいです。

IMG_20150412_091917.jpg 

 

 

 

 

 

 

(D・I)  

 

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【台湾の方々きてくれました】

 

2015年4月11日(土) 

 

台湾国立彰化高中のみなさん17名の方々が来館してくださいました。

有島武郎や台湾で活動した作家の旧邸の保存にご興味があるということで、

みなさんは有島研究や有島武郎旧邸の保存に尽力された

神谷忠孝・北海道文教大学教授をお招きして、当館で講演会を

開催されました。

みなさん、熱心に神谷先生のお話に耳を傾けていました。

その後、館内の見学や有島武郎が自分の農場を小作人に

無償解放すると宣言した弥照神社を訪問し、宿泊地の札幌に戻られました。 

海外にも有島作品のファンが増えればいいなぁ。

IMGP9496.JPG

IMGP9521.JPG

IMGP9532.JPG

(D・I)  



この頁のトップへ

 

 



 

【カフェつくりたい】

 

2015年4月7日(火) 

 

有島記念館の中にある「アートホール」。

そこは、羊蹄山やニセコアンヌプリが見晴らせるスペースで、音楽会や講演会

などを開催するほか、普段は休憩スペースとしてご利用いただいています。

そこには、流し台などが備え付けられています。

ここにカフェなんか作れるといいなぁと考えています。

コーヒーをのみながら、読書や音楽、そしてここにしかない風景を楽しむスペースに。

IMGP9460.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

(D・I)   

 

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 



 

【アンヌプリ&羊蹄山、夢の共演】

 

2015年4月1日(水) 

 

 

IMGP9467.JPG

左側に「写って」いるのがニセコアンヌプリ、左側に「映って」いるのが羊蹄山です。

この二つの山が現実には横並びにあるわけではないのです。

有島記念館の窓ガラスに羊蹄山が反射して「映って」いるのです。

この時期の夕方にはっきり見えます。

ぜひ見にきてください!

 

 

 

 

 

(D・I) 

 

 

 

 

 

 



この頁のトップへ

 

 




2015年 4月の記事一覧


[4月30日(木)] 【桜が咲き始めました】
[4月23日(金)] 【衣替え】
[4月22日(水)] 【転車台】
[4月18日(土)] 【小林政雄さんと畠山哲雄さんに関する講演会】
[4月17日(金)] 【文学の街・旭川】
[4月16日(木)] 【某所にて】
[4月12日(日)] 【看板なおしました】
[4月11日(土)] 【台湾の方々きてくれました】
[4月7日(火)] 【カフェつくりたい】
[4月1日(水)] 【アンヌプリ&羊蹄山、夢の共演】


この頁のトップへ

 

 




過去のブログ
⇒ 2014年6月以前 ~ 8月
⇒ 2014年9月 ~ 11月
⇒ 2014年12月 ~ 2015年3月

 

 

 

 

有島記念館

 〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

  ・開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後 4時30分まで)

  ・休 館 日 /毎週月曜日及び年末年始 ※ただし5月から9月は無休
                 (月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)

  ・入 館 料 /大人500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
         ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
                   年間パスポート(発行日より一年間有効):大人:800円 高校生200円

 

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.