まちのご案内

有島記念館 三浦綾子『母』と演出家・守分寿男の仕事

有島記念館TOP 有島記念館概要 有島武郎について 出版物 収蔵資料・作品
利用案内・アクセス 企画展・イベント ブックカフェ ブログ リンク

三浦綾子『母』と演出家・守分寿男の仕事

_北海道・旭川を拠点に、キリスト者としての信仰を投影した『氷点』や『塩狩峠』などの作品を生み出した
小説家・三浦綾子[1922(大正11)年~1999(平成11)年]。三浦の『母』は、有島記念館がある後志地域
ゆかりの小説家・小林多喜二[1903(明治36)年~1933(昭和8)年]の母親である小林セキの口を通し、
多喜二の生涯、そして小林家やセキ自らの波乱に富んだあゆみを語る作品です。

_この『母』の芝居を軸として、多喜二の生涯に迫った映像ドキュメンタリー作品に『いのちの記憶』(2008年
・HBC制作・平成20年度文化庁芸術祭テレビ部門大賞受賞)があります。この作品の構成と演出とを手掛けた
守分寿男[1934 (昭和9)年~2010(平成22)年]は、北海道放送(HBC)にてテレビドラマ草創期から演出家と
して活動。守分は、絶えず北海道でしか制作できないドラマ作品―「北のドラマ」―とは何かと一貫して自らに
問い続け、その時代の社会的状況にも目を向けながら作品を生み出し、高い評価を得ています。また、三浦
原作の『羽音』(1969年)も演出し、互いに親交を深めていました。

_守分は、代表作である『幻の町』(1976年)のほか、『わかれ』(1967年)、『あかねの空』(1980年)、『コスモス』
(1981年)、『悠々たる天』(1984年)など多くの作品を後志地域を舞台に演出しており、後志ゆかりの演出家でも
あります。

_本展では、三浦綾子の作品『母』と、三浦作品の映像化や後志にゆかりのある作品を演出した守分寿男に
焦点をあてます。同時に2012年から有志により整理作業が続けられている守分寿男旧蔵資料を守分家の
協力を得て展示し、北海道映像史において重要な位置を占める守分の仕事を振り返ります。

 

関連事業

朗読と音楽の調べ―三浦綾子『母』とカンテレの音色
[日時]2017年2月26日(日) 13:00開始
[料金]参加費無料(要観覧料)
[出演]安藤千鶴子(音声表現講師/元・北海道放送アナウンサー)
あらひろこ(カンテレ奏者)

 

守分寿男作品上映会「いのちの記憶」
[日時]2017年3月5日(日) 13:00開始
[料金]参加費無料
[解説]長沼修((株)札幌ドーム社長/前・北海道放送社長/プロデューサー)
[協力]北海道放送

 


表.pdf

PDF形式 
約570KB

 

 

 

haha.PNG

 

 

裏.pdf

PDF形式 
約1.8MB

 

hahau.PNG

  

開催期間  

2017年 1月28日(土) ~ 10月9日(月・祝日)

 

 

会  場

有島記念館 小ギャラリー 

 

 

料  金

常設展観覧料のみで鑑賞可

         ・入 館 料 /大人500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
                   年間パスポート(1年間有効):大人:800円 高校生200円 

 

 

有島記念館

〒048-1531
北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

              
このペー ジは、ニセコ町教育委員会 町民学習課 有島記念館係が管理しています。

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.

" />

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.