まちのご案内

ニセコ町の概要

ニセコ町町章(1968年5月15日制定)
町名は「ニ」、「セ」、「コ」を図案化したもので、「ニ」は雲を「セ」は山を、「コ」は流れを意味し、それぞれ青雲の志、不動の姿、不断の努力を表し、相対的には丸型の平和と結団を、山頂と山裾は飛躍と発展を、内側の白の部分は清さらな心と雪を象徴する。

ニセコ町の地勢と位置

ニセコ町は、東経140度48分、北緯42度52分。道央の西部、後志管内のほぼ中央に位置し、東に国立公園羊蹄山(1,898m)、北に国定公園ニセコアンヌプリ(1,309m)の山岳に囲まれており波状傾斜の多い丘陵盆地を形成。
町の中央には尻別川(2004年清流日本一)が流れ、これに昆布川、ニセコアンベツ川、真狩川などの中小河川が流入。
内陸的気候を呈し、平均気温は摂氏6.3度で、冬期の最深積雪は、200cmにも達することがある。

札幌市や千歳空港からは自家用車で約120分、小樽市からは自家用車約90分の圏内にあります。

各交通機関でのニセコ町への
アクセスはこちら

ニセコ町の由来

「ニセコ」とは、アイヌ語で「切り立った崖」という意味があります。
また「ヌプリ」とはアイヌ語で「山」という意味があり、スキー場がある「ニセコアンヌプリ」という山は、アイヌ語で「切り立った崖(とその下に川)がある山」という意味になります。

ニセコ町のあゆみ 

 1895(明治28)年
  本町初の移住者、西富に入地する。
 1897(明治30)年    虻田村より分村し、真狩村の区域に入る。
 1901(明治34)年
  現在も隣の村である真狩村より分村独立。
  真狩村字真狩別太から「狩太村」と命名され、現在の字元町に役場を設置。
 1950(昭和25)年   町制施行される。
 1964(昭和39)年
  「ニセコ町」に改名。
 2001(平成13)年   ニセコ町開基100年。「ニセコ町まちづくり基本条例」施行。

※ニセコ町のあゆみについて詳細は、ニセコ町統計資料 『数字で見るニセコ』をご覧下さい。

ニセコ町のうた

「ニセコ町のうた」は、歌詞を公募し、65点の作品の中から選ばれた森菊蔵さんの作品に作曲家の狛林正一さんが曲を付けたもので、1973年(昭和48年)11月3日に制定されました。

ニセコ町民憲章・まちづくり基本条例

 ニセコ町民憲章

 私たちはニセコと町民の自然を愛し、恵まれた大地で勤労と生産に励む日々を感謝しながら希望にみちた生活につとめより豊かな未来を作るために願いをこめてこの憲章を定めます。(1973年11月3日制定)

一、自然を愛し住みよい環境をつくりましょう。
一、きまりを守り明るい社会をつくりましょう。
一、力を合わせ豊かな生産にはげみましょう。
一、健康で働き楽しい家庭をつくりましょう。
一、希望に生きるたくましい町民となりましょう。

 

 ニセコ町まちづくり基本条例

 情報共有と住民参加を柱としたまちづくりを進める上でのニセコ町民共通のきまりです。 詳しくはこちら(内部リンク)をご覧下さい。

(条例前文)

 ニセコ町は、先人の労苦の中で歴史を刻み、町を愛する多くの人々の英知に支えられて今日を迎えています。わたしたち町民は、この美しく厳しい自然と相互扶助の中で培われた風土や人の心を守り、育て、「住むことが誇りに思えるまち」をめざします。

 まちづくりは、町民一人ひとりが自ら考え、行動することによる「自治」が基本です。わたしたち町民は「情報共有」の実践により、この自治が実現できることを学びました。

 わたしたち町民は、ここにニセコ町のまちづくりの理念を明らかにし、日々の暮らしの中でよろこびを実感できるまちをつくるため、この条例を制定します。 
 

町の木
シラカバ(1979年4月4日制定)

 

町の花
ラベンダー(1991年10月1日制定)

 

町の鳥
アカゲラ(1991年10月1日制定)

 

役場・行政機構

こちら(内部リンク)をご覧ください。

 

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.