まちのご案内

有島記念館 荒川好夫写真展「北海道 冬」~蒸気機関車C62 栄光の記録~

有島記念館TOP 有島記念館概要 有島武郎について 出版物 収蔵資料・作品
利用案内・アクセス 企画展・イベント ブックカフェ ブログ リンク

 

 

荒川好夫写真展 「北海道 冬」~蒸気機関車C62 栄光の記録~

荒川好夫氏は、1946年(昭和21)年に東京に生れます。少年時代より鉄道模型や鉄道写真に親しむ日々を過ごしてきました。東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業後の1968(昭和43)年からは、日本国有鉄道(国鉄)本社広報部の専属カメラマンとして、国鉄の広報及び宣伝用写真撮影に従事します。
 この時期は、新型車両の特急網の整備など全国的な鉄道ダイヤの白紙改正となった「ヨン・サン・トオ」改正[1968(昭和43)年10月]、動力近代化に伴う蒸気機関車の引退など、国鉄を取り巻く状況が大きく変わり始めた時でもありました。荒川氏は、このような歴史的な出来事を、1987(昭和62)年の国鉄改革による分割民営化に至るまで、カメラを通してフィルムに記録してきました。また並行して、1971(昭和46)年には、鉄道写真ライブラリーとして有限会社レイルウエイズグラフィック(RGG)を設立。日本を代表する鉄道写真家として、全国の鉄道風景を追いながら、現在に至ります。
 本展では、荒川氏が1971年冬に函館本線小樽-長万部間[通称・山線]に、日本最大の蒸気機関車「C62形」が重連(2両)でけん引する急行「ニセコ」を追った作品57点を主としています。荒川氏は、C62形が所属していた小樽築港機関区の出区から、オタモイ峠、稲穂峠、倶知安峠、目名峠という急勾配・急曲線が連続する隘路を経て、長万部に至るまでの山線を走る急行「ニセコ」を追います。
 荒川氏の視線は、本州連絡の重責を担う列車を定時運行させようと極寒の中で奮闘する鉄道職員、その一方で温かい車内でくつろぐ乗客、そして、白い雪原を驀進するC62重連がけん引する急行「ニセコ」を重層的に捉えています。これらの作品は、単なる鉄道車両を撮影した作品群ではなく、急行「ニセコ」を巡る1つのドキュメンタリーとして、見る者を魅了することでしょう。また、そこには失われた鉄道や生活風景が存在し、当時の時代の匂いを感じさせる貴重な記録ともなっており、郷愁を感じさせてくれるのではないでしょうか。
 このほか、本展では、荒川氏が撮影したニセコ駅を巡るある1日の記録、羊蹄山麓各線で活躍した鉄道車両の写真もあわせて紹介いたします。
 本展に展示する作品は、すべて銀塩プリントです。荒川氏は現在もフィルムにこだわり続けて、撮影を続けています。デジタル全盛の今だからこそ、改めて銀の粒子の美しさも体感していただきたいと思います。

 

 11月1日~3日までの間、現在講評開催中の「荒川好夫写真展」ご来場者の方、

1日あたり先着15名様に荒川先生特製のしおりをプレゼントいたします。

荒川好夫写真展_はがき表.pdf

PDF形式
約69KB

 

  1.JPG

 

荒川好夫写真展_はがき裏.pdf

PDF形式
約65KB

 

  

2.JPG 

荒川好夫写真展_ポスター.pdf

PDF形式
約65KB

 

                 荒川好~1.JPG

 

会  期

2014年 9月12日(金) ~ 2015年 2月22日(日) 

※10月15日~11月30日の間は、特別展示室から小ギャラリーへと場所を変更します。展示作品に大きな変更はございません。

 

料  金

常設展観覧料のみ

一般: 500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
※中学生以下および 65歳以上のニセコ町民は無料です。 

 

イベント

★荒川好夫講演会「回想・函館山線」
日時 9月13日14時開始(1時間半から2時間程度)
講師 荒川好夫さん(鉄道写真家)
料金 常設展観覧料のみ 
申込

不要

詳細

【内  容】函館本線山線(小樽―長万部間)についての思いや、
      昭和40年代当時のニセコの様子などについて
      語っていただきます。

    
★「転車台・殖民軌道跡植物観察ウォーク」
日時 9月14日13時開始(1時間半から2時間)※雨天決行
講師 持田誠さん(帯広百年記念館学芸研究員)、伊藤大介(有島記念館主任学芸員)

料金

無料

申込

中止時の連絡のため、有島記念館(44-3245)まで
連絡先をお申出ください。
詳細

【集合場所】ニセコ駅前広場付近です。
【内  容】「旧新得機関区転車台」の現地見学、
      ニセコから真狩までを昭和20年代後半まで結んでいた
      殖民軌道跡をビュープラザ付近まで歩きながら、
      軌道の歴史やその跡に生える植物を観察します。

   
★「学芸員によるギャラリートーク」

日時

2014年9月20日(土) 13時開始(30分程度)
講師 当館学芸員
料金 常設展観覧料のみ
申込 不要
詳細 【内  容】展示作品を当館学芸員が解説します。
   
★「ニセコ駅構内にある旧新得機関区転車台見学会」

日時

2014年11月3日(月) 13時開始(30分程度)
講師 当館学芸員
料金 常設展観覧料のみ
申込 不要
詳細 転車台の仕組みなどを、実際に回転させるなどして解説します。現地集合(雨天決行)

 

  

  

 

有島記念館

 〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

              
このページは、ニセコ町教育委員会 町民学習課 有島記念館係が管理しています。

このサイト全般は、企画環境課広報広聴係が管理しています。
担当課係等が記載されたコンテンツは、その担当が管理しています。

ニセコ町

北海道ニセコ町

〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL:0136-44-2121(代表) FAX:0136-44-3500
法人番号: 5000020013951

Copyrights (C) NISEKO Town all rights reserved.